Home 海外NEWS ジョーイ・キング&コートニー・ラブ『The Possibility Of Fireflies』

ジョーイ・キング&コートニー・ラブ『The Possibility Of Fireflies』

ジョーイ・キング&コートニー・ラブ『The Possibility Of Fireflies』
0

possibility-of-fireflies-joey-king_00コートニー・ラブとジョーイ・キング(『ラモーナのおきて』)が母娘役で共演する80年代青春映画『The Possibility Of Fireflies』のご紹介。


『The Possibility Of Fireflies』は、1989年の郊外の町を舞台に、自虐的な母親と派手で反抗期な姉の面倒をみながら、作家を夢見る女の子が、隣のバンドをやっている年上の男の子に恋をし、彼の影響で無秩序な世界に足を踏み入れる…というお話です。

原作は女流作家ドミニク・ポールによる同名小説が原作です。

The Possibility of Fireflies 洋書

価格¥1,877

順位3,816,812位

Paul, Dominique

発行Simon & Schuster Children's Publishing

発売日06.10.03

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


脚本は原作者のドミニク・ポール自身が執筆。監督はカナダ出身のデボラ・チョー。女性スタッフによる作品です。

音楽には『アイドルとデートする方法』『ワイルド・スピード』のBT(ブライアン・トランソー)が参加。彼の楽曲の他に、80年代終わりが舞台ということで、ふんだんに当時の楽曲が使用される予定です。

撮影はこの夏カナダでスタートし、来年公開を目指します。