Home 海外NEWS イッサ・レイ&キース・スタンフィールド 共演、過去と現在の恋愛を描く『The Photograph』

イッサ・レイ&キース・スタンフィールド 共演、過去と現在の恋愛を描く『The Photograph』

イッサ・レイ&キース・スタンフィールド 共演、過去と現在の恋愛を描く『The Photograph』
0

イッサ・レイ(「インセキュア」)とキース・スタンフィールドが共演(『ストレイト・アウタ・コンプトン』)、過去と現在の恋愛模様を描く『The Photograph』が制作されます。


イッサ・レイ演じる図書館の司書は、最近亡くした母が書いていたラブレターを発見します。そしてキース・スタンフィールド演じるレポータが持つ写真をきっかけに2人は過去の出来事を調べていくことになり、秘密が明らかになっていきます。そして同時に2人の間にも恋愛感情が芽生え…というお話です。

監督・脚本は『エブリシング』ステラ・メギー。プロデュースは黒人系キューティー映画をユニバーサルと企画・製作してヒットが続く『ガールズ・トリップ』ウィル・パーカー。

アマンドラ・ステンバーグ主演『エブリシング』の監督、ステラ・メギーの次回作は、ユニバーサル&黒人系キューティー映画のヒットメイカーによる『The Photograph』です。ユニバーサルは今年黒人女性4人の友情を...

イッサ・レイはウィル・パーカーがプロデュースするマルセイ・マーティン主演、やり手の女社長が13歳の女の子に!というコメディ『Little』で重要な役で出ています。注目のコメディアンヌですが、本作では真面目な役でしょうか?
マルセイ・マーティン&レジーナ・ホール、イッサ・レイ共演、鬼女社長がある日突然子供の姿に!という『Little』の予告編第2弾が公開されました。ジョーダン(レジーナ・ホール)はアシスタントのエイプリル(イ...

本作は『きみに読む物語』などの原作者ニコラス・スパークスが得意とした展開のような気がしています。これまで、サスペンスのような謎解きで恋愛模様を描くというニコラス・スパークスの物語スタイルは白人主体でヒット連発でした。そのテイストを黒人主体で引き継いで復活という感じでしょうか。今後の企画開発の進捗状況がとても楽しみです。