Home 海外NEWS 『ブライズメイズ』監督ポール・フィグによるミュージカル映画企画

『ブライズメイズ』監督ポール・フィグによるミュージカル映画企画

『ブライズメイズ』監督ポール・フィグによるミュージカル映画企画
2

paul-feig-musical-project_00『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』『The Heat』とキューティー映画でヒット連発中の監督、ポール・フェイグ。次回作は、またまたメリッサ・マッカーシー主演の007のような女スパイコメディ映画『Susan Cooper』。撮影はこの夏から始まりますが、そんなキューティー映画期待の監督が新しく企画開発してるのはミュージカル映画のようです。


FOXとポール・フェイグが企画開発を進めるため、プロット開発で雇われたのがヤナ・ゴースカヤとマイア・ロッシーニという女性2人組。

ヤナ・ゴルスカヤはドキュメンタリー畑で編集の仕事に携わっていますが、『セレステ∞ジェシー』『ウォールフラワー』などキューティー映画の編集にも参加しています。マイア・ロッシーニとは幼なじみで、2人で脚本チームとして活動中です。

この企画、まだまだ詳細は不明ですが、フォーマットとしては、多くの出演者が出るミュージカル映画として検討中です。

ポール・フェイグでミュージカル?と思いますが、今年のアカデミー賞のCMでミュージカル演出をしていたのはポール・フェイグでした。

フィッツ&ザ・タントラムズの「The Walker」をBGMに、司会のエレン・デジェネレスと250人のタキシードを着たダンサーたちが踊る映像を見ると、ポール・フェイグのキューティー・ミュージカル映画も面白そうです。
メリッサ・マッカーシーが今度は歌い踊るのでしょうか?(笑)
paul-feig-musical-project_01