Home 海外NEWS リース・ウィザースプーン、新作企画『Pale Blue Dot』で宇宙飛行士を演じる

リース・ウィザースプーン、新作企画『Pale Blue Dot』で宇宙飛行士を演じる

リース・ウィザースプーン、新作企画『Pale Blue Dot』で宇宙飛行士を演じる
0

リース・ウィザースプーンが、去年好評だった『Wild(8月26日公開。邦題『わたしに会うまでの1600キロ』)』のFOXサーチライトと再び、女性宇宙飛行士のお話『Pale Blue Dot』でタッグを組んで女性の生き様を描きます。


『Pale Blue Dot』は宇宙でミッションを終えて帰ってきた女性宇宙飛行士が、地球に戻っても生活が馴染めず…というお話になるようです。現在オリジナル脚本をもとに企画開発中です。

リースは5月頭に公開したソフィア・ベルガラと共演のバディ・コメディ『Hot Pursuit』の興行成績が初動の週末興行成績2位でスタートながら、期待ほどの数字ではなく今ひとつという評価になってしまっています。(キューティー映画としては完璧です!)
この映画は2013年の同時期に公開され大ヒットしたサンドラ・ブロック&メリッサ・マッカーシー共演FOX配給の『デンジャラス・バディ』のようなヒットが期待されていました。『Hot Pursuit』はワーナー配給です。

リース・ウィザースプーン&ソフィア・ベルガラ共演キューティー映画『Hot Pursuit』見どころ満載の最新予告編!
リースはFOXサーチライトとは、去年実話を元にした、南北を横断するアメリカ3大長距離自然歩道のひとつ、パシフィック・クレスト・トレイルを1700km歩いた女性の体験記を元にした『Wild』を製作し、高い評価を得ました。今回も女性の生き様を描いた作品で、同様のシリアスなテイストになるのではと予想されます。

『wild』は日本では8月26日『わたしに会うまでの1600キロ』という邦題で公開されます。あれ?「1600キロ」なんですか?
原作は1100マイル歩いた記録だから、1マイル=1.6kmとして1770kmのはずですが、映画では違うのでしょうか?

1770kmを歩いた女性の話『Wild』リース・ウィザースプーンで映画化
アカデミー賞の声が高いリース・ウィザースプーン主演『Wild』全米公開開始!