Home 海外NEWS 「ハムレット」を別視点で描く『Ophelia』デイジー・リドリーのオフィーリア姿を公開

「ハムレット」を別視点で描く『Ophelia』デイジー・リドリーのオフィーリア姿を公開

「ハムレット」を別視点で描く『Ophelia』デイジー・リドリーのオフィーリア姿を公開
0

シェークスピアの「ハムレット」に登場する、ハムレットの恋人オフィーリアを主役にした『Ophelia』で、デイジー・リドリーのオフィーリア姿が披露されました。


デンマークの王子、ハムレットに恋したオフィーリアは、ハムレットが密かに復讐を誓う父を殺したクローディアス王の側近ポローニアスの娘です。オフィーリアは復讐のためにわざと狂ったふりをしたハムレットに散々な仕打ちを受けます。しかもハムレットに父ボローニアスを殺され錯乱状態となり、最後は溺死体で発見されるという悲劇の人物です。

『Ophelia』はシェークスピアの「ハムレット」を別視点で描く物語です。オリジナルにはなかった、ハムレットの母親ガートルード王妃との関係や、陰謀渦巻くハムレットの周囲や場内で、危険な秘密を抱えそれを守らなければいけなくなったオフィーリアの、ハムレットへの愛と葛藤を、希望あるストーリーとして描きます。

デイジー・リドリーがオフィーリアを、ガートルード王妃役をナオミ・ワッツが演じます。

監督はオーストラリア出身の女流監督クレア・マッカーシー。脚本は「マッドメン」のセミ・チェラス。2006年に出版された、YA小説作家リサ・クラインの同名小説が原作です。

シェークスピアの「ハムレット」に登場する、ハムレットの恋人オフィーリアを主役にした『Ophelia』に出演する男性俳優陣が発表されました。オフィーリア役にデイジー・リドリー、ハムレットの母で王妃役にナオミ...

今回、デイジー・リドリーのオフィーリア姿が披露されました。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』では髪を結ってアップにしていたので、髪をおろした姿はまた違った感じがあります。眉と目元もきつめです。見た目同様芝居もデイジー・リドリーの女優としての別の面がどれくらい出ているか楽しみです。