Home 海外NEWS ノーラ・エフロンのドキュメント番組がHBOで放送

ノーラ・エフロンのドキュメント番組がHBOで放送

ノーラ・エフロンのドキュメント番組がHBOで放送
0

nora-ephron-everything-is-copy_002012年に亡くなった、キューティー映画の巨匠、ノーラ・エフロンの幼少期から仕事での功績までを追うドキュメント番組「Everything Is Copy」が米HBOで放送されます。


ノーラ・エフロンは『シルクウッド』『心みだれて』『恋人たちの予感』『マイ・ブルー・ヘブン』までは脚本家として活躍し、その後メグ・ライアンと組んで『めぐり逢えたら』『ユー・ガット・メール』『電話で抱きしめて』などを監督。90年代キューティー映画を引っ張りました。後年は『奥さまは魔女』『ジュリー&ジュリア』を作り、一貫してキューティー映画を撮り続けてきました。

ドキュメント「Everything Is Copy」の監督は、息子でニューヨーク・タイムスの記者でもあるジェイコブ・バーンスタイン。
幼少期から、家族、仕事と、生前の母親の生き方を姉妹や友人、仕事の関係者、本人の生前のインタビューなどを交えて多角的に描きます。
トム・ハンクス、メグ・ライアン、スティーブン・スピルバーグ、メリル・ストリープら錚々たるメンバーもインタビューでノーラについて語っています。

ジェイコブ・バーンスタインによると、父でノーラ・エフロンの元夫である元新聞記者カール・バーンスタインの出演の説得に2年かかったそうです。

現地時間3月21日に米HBOで放送された後、翌日からネットで無料視聴ができるようになります。ぜひ日本でも見たいドキュメントです。