Home 海外NEWS 児童書「My Invisible Sister」がディズニー・チャンネルのスター共演でTV映画化

児童書「My Invisible Sister」がディズニー・チャンネルのスター共演でTV映画化

児童書「My Invisible Sister」がディズニー・チャンネルのスター共演でTV映画化
0

「ガール・ミーツ・ワールド」のサブリナ・カーペンターが『ベビーシッター・アドベンチャー』のリメイクTV映画『Further Adventures In Babysitting』に出演するのと同時に、「ガール・ミーツ・ワールド」のもう1人のヒロイン、ローワン・ブランチャードが主演する『My Invisible Sister』のTV映画化企画が発表されました。


『My Invisible Sister』はヒロインの女の子が科学の実験で失敗してお姉ちゃんを透明人間にしてしまい…というお話です。ローワン・ブランチャードがヒロインを、透明人間になってしまった姉をディズニーXDのドラマ「Mighty Med」に出演しているパリ・ベレルクが演じます。ローワン13歳、パリ16歳です。

1987年公開、クリス・コロンバス監督の処女作『ベビーシッター・アドベンチャー』が「ガール・ミーツ・ワールド」サブリナ・カーペンターと「Descendants」ソフィア・カーソンのダブル・ヒロインでディズニー・チ...

監督は『キャンプ・ロック2 ファイナル・ジャム』のポール・ホーエン、脚本は「SATC」前章となるTVドラマ「マンハッタンに恋をして~キャリーの日記~」のエイミー・ラーディンとジェシカ・オトゥール。

ジェシカ・オトゥールは日本未公開のヒラリー&ヘンリー・ダフ姉妹が共演した『Material Girls』(2006)の脚本を書いています。
この作品、姉妹でマドンナの「Material Girls」を歌ったりしている、とってもキューティー映画なんです。

『My Invisible Sister』はベアトリス・コリン&サラ・ピント共著の同名児童書が原作ですが、原作では主人公は10歳の男の子で、姉は13歳という設定です。

My Invisible Sister (English Edition)

価格¥658

Pinto, Sara, Colin, Beatrice

イラストPinto, Sara

発行Bloomsbury USA Childrens

発売日11.06.21

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

制作は春から開始され、早ければ今年の秋、もしくは来年初頭にディズニー・チャンネルで放映される予定です。