Home 海外NEWS 『ベスト・フレンズ・ウェディング』中国でリメイク

『ベスト・フレンズ・ウェディング』中国でリメイク

『ベスト・フレンズ・ウェディング』中国でリメイク
0

1997年公開、ジュリア・ロバーツ、ダーモット・マルロニー、キャメロン・ディアス、ルパート・エヴェレットらが出演したキューティー映画の名作『ベスト・フレンズ・ウェディング』がスー・チー、ウィリアム・フォン、ビクトリアの出演する中国映画でリメイクです。2016年バレンタインデーに公開されます。


『ベスト・フレンズ・ウェディング』は、元カレが結婚することが決まり、色々相談に乗ることになったヒロイン。今は親友だけど実は彼のことがまだ好きで、なんとか婚約を潰そうと画策します。しかし婚約者の女の子がとてもいい子で、結婚の妨害はなかなか上手く行かず…というお話で、1997年に公開され大ヒットした、キューティー映画不朽の名作です。

ヒール(悪役)のヒロインにジュリア・ロバーツ、元カレをダーモット・マルロニー、元カレの婚約者にキャメロン・ディアス、ヒロインの相談役のゲイにルパート・エヴェレットという俳優陣。監督は本作後、『夢見る頃を過ぎても』『お買い物中毒な私!』とキューティー映画を監督するP・J・ホーガン。

劇中のキャメロン・ディアスは音痴という設定です。それを知ったジュリアがみんなの前でカラオケを歌わせて恥をかかせようとするものの、逆に一生懸命歌う彼女に観客は賞賛の拍手を送り彼氏も感激する…という、キューティー映画屈指の名シーンがあることでも有名です。

このシーンは、何度観ても素晴らしいですね。キャメロン・ディアスのちゃんとした歌は『ANNIE/アニー』で聞けます。

これをスー・チー、ウィリアム・フォン、ビクトリア(Victoria Song,Song Qian)、イエー・チン(Ye Qing)ら中国人キャストでリメイクします。
my-best-friends-wedding-china-remake_01
お話はロンドンを舞台に、親友で同僚の新聞記者が、留学生と結婚することになったため、ヒロインは彼のベストマンとして呼び出されます。しかし彼女は本当は彼のことが好きなので、結婚式までに何とか彼の結婚を止めて振り向かせようとする…というお話です。
スー・チーがヒロインを、ビクトリアが結婚相手の留学生を、ウィリアム・フォンが…
ルパート・エヴェレットが演じていたヒロインのゲイ友だったら面白いのですが、妥当に相手役でしょうね。

主人公男女が元恋人設定をやめているのと、発表されたキャスティングから推測すると、ルパート・エヴェレットが演じていたゲイ・フレンズがイエー・チン演じる女友達の設定に変わっているようです。ルパートのゲイキャラも、サブストーリーがあっていい感じなんですけどね…

監督は『ブラッド・ブラザーズ 天堂口』のアレクシ・タン。ロンドン、イタリア、ベルリンと世界各国でロケが行われます。
2016年2月14日、ヴァレンタインデーに中国で公開されます。