Home 海外NEWS 『ミュリエルの結婚』がミュージカルに。その制作ドキュメントも放送

『ミュリエルの結婚』がミュージカルに。その制作ドキュメントも放送

『ミュリエルの結婚』がミュージカルに。その制作ドキュメントも放送
0

1994年(日本公開1996年)にオーストラリアで公開され大ヒットを記録した『ミュリエルの結婚』がミュージカルになります。また、その準備過程を描くドキュメント番組も作られます。


『ミュリエルの結婚』はダサくてみんなにバカにされ、引きこもっていたABBAが大好きなヒロインが、色々な不幸を体験しながら、現状を脱却するには結婚しかない!と結婚を人生の目標とするものの、あることをきっかけにやがて本当の幸せに気付いて…という、オーストラリア産キューティー映画の名作です。

トニ・コレットが役のためにあえて太ってヒロインを熱演。映画は大ヒットを記録します。
監督・脚本は、本作のあと『ベスト・フレンズ・ウェディング』『夢見る頃を過ぎても』『お買いもの中毒な私!』と、名作キューティー映画を撮っているP・J・ホーガン。

そんな『ミュリエルの結婚』が「Muriel’s Wedding: The Musical」というタイトルでミュージカル化されます。脚本はP・J・ホーガン自ら執筆。演出は『プリシア』ミュージカル版のサイモン・フィリップス。オリジナル楽曲をケイト・ミラー・ヘイキとキア・ナトールの夫婦が担当。もちろんABBAの音楽も使われます。

そして、このミュージカルの制作過程を追うドキュメント番組「Making Muriel」の監督はネル・ミンチン。彼女の前作「Matilda & Me」は2016年オーストラリア・アカデミー賞のTV部門ドキュメンタリー賞にノミネートされています。

ミュージカル「Muriel’s Wedding: The Musical」のプレミア上演は11月初旬予定です。
ドキュメント番組「Making Muriel」はプレミア上演の様子を収録し、年末に放送される予定です。