Home 海外NEWS 『ウエディング宣言』を9年間レンタルしていた女性が逮捕

『ウエディング宣言』を9年間レンタルしていた女性が逮捕

『ウエディング宣言』を9年間レンタルしていた女性が逮捕
0

monster-in-law-rental-9years_002005年に『ウエディング宣言』のビデオをレンタルした女性が、9年間借りたまま返さなかったため、窃盗の罪で逮捕されました。一晩留置場に入り保釈金2000ドル(約20万)を支払って釈放されましたが、本人はお店からの督促状を受け取っていないと主張しているそうです。


お店は2005年の段階で返却を求める訴えを起こしていて、彼女の元へ逮捕令状も送られていました。
その後、警察も積極的に彼女に対して逮捕などの動きを見せませんでした。まぁ、レンタルビデオの返し忘れですからね…
そして9年後、レンタル店がすでに閉店していたのと令状が時効と考えた彼女は、警察に相談に行きます。そしてその場で逮捕。勾留されました。

という、ちょっと変わったこの事件のせいで『ウエディング宣言』が脚光を浴びることに(笑)
『ウエディング宣言』を9年間レンタルする価値はあるんでしょうか??(実際は返さず放置していただけですけど)

あります!

この映画はジェーン・フォンダが15年ぶりに映画に復帰した作品です。ジェニファー・ロペスと共演で、嫁姑の争いをコミカルに描いたキューティー映画です。監督は『キス&キル』『キューティ・ブロンド』のロバート・ルケティック。つい先日、現在企画準備中の女性版『エクスペンダブルズ』の監督に抜擢されましたが、実はこの『ウエディング宣言』を撮った後、『バーバレラ』のリメイク企画の監督に選ばれていたことがありました。

『バーバレラ』はジェーン・フォンダを当時の夫だったロジェ・ヴァディムが自分の妻を使って撮ったエロティック・SFコメディ。彼女はこの作品に出たことを封印していて、その後ワーナーの会長と再婚したことでその力もあり、『バーバレラ』の再映画化は難しいとされてきました。

『ウエディング宣言』でジェーン・フォンダが女優業に復帰した際、ジェーンはロバート監督を凄く気に入ったと言われています。離婚したものの力を持つ夫のワーナー会長も引退もあり、『バーバレラ』のリメイクが可能となったとき、ジェーンが気に入っていたロバートを監督に立てれば、という製作側の思惑があったのでしょう。ただ、この企画も立ち消えとなります。
現在『バーバレラ』はテレビシリーズ、テレフィーチャーとして企画開発が進行中です。

と、横道にそれましたが、この『ウエディング宣言』は意外なところで色々ときっかけを作っている作品なのです!無理矢理じゃありません!(笑)
そんな余計な情報抜きにしても、このキューティー映画はすごく面白いので、まだ未見の人はこの機会にぜひ!!
[cptr]
『ウエディング宣言』はサントラの選曲がとてもオサレでいいです。映画とともにオススメです。この機会にぜひ!(笑)

ウエディング宣言 (特別編) [DVD] DVD

価格¥436

順位217,486位

出演ジェニファー・ロペス, ジェーン・フォンダ, マイケル・ヴァルタン, ほか

監督ロバート・ルケティック

発行20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

発売日09.02.06

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

Monster-in-Law ミュージック

価格¥3,899

順位968,136位

作曲David Newman, Rosey

発行New Line

発売日05.05.09

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API