Home 海外NEWS 『ハンガー・ゲーム:モッキングジェイPart1』、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を抜いて2014年最もヒットした映画に!

『ハンガー・ゲーム:モッキングジェイPart1』、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を抜いて2014年最もヒットした映画に!

『ハンガー・ゲーム:モッキングジェイPart1』、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を抜いて2014年最もヒットした映画に!
0

mockingjay-p1-gross-no1_002014年に全米公開された作品の中で総興行収益1位の作品はこれまで『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』でしたが、2015年1月22日付けで『ハンガー・ゲーム:モッキングジェイPart1』が位になったことが発表されました。


『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は2014年8月1日公開で、全米での総興収は3億3317万ドルでした。

『ハンガー・ゲーム:モッキングジェイPart1』は2014年11月21日公開で、全米での総興収は現在3億3318万ドル。
まだ1000スクリーン以上で上映されています。2月17日にソフトが発売されるので、そこまでもう少し稼ぎそうです。

『ハンガー・ゲーム:モッキングジェイPart1』の興収はシリーズでは最低の数字です。
前作『ハンガー・ゲーム2』が4億2466万ドル、『ハンガー・ゲーム』が4億801万ドルです。
『ハンガー・ゲーム』最終章前章『ハンガー・ゲーム:モッキングジェイPart1』の全米公開スタート!その成績は?

しかし凄いのは、短期間で『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を抜いたことではなく、その中身です。

『ハンガー・ゲーム:モッキングジェイPart1』には3D版とIMAX版はありません。3D上映・IMAX上映といった高いチケット単価を含まない通常単価だけで、IMAX3D版もあった『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を短期間で抜いたわけです。

次回最終作『ハンガー・ゲーム:モッキングジェイPart2』はどういう興収になるのでしょうか?今年の11月20日公開ですが、今年は年末に『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』もありますが、『ハンガー・ゲーム』を支えている女性層の動きに注目したいと思います。

『ハンガー・ゲーム:モッキングジェイPart1』、日本では2015年6月公開予定です。