Home 海外NEWS ディズニーの新しいプリンセス、モアナの声はハワイ在住14歳の新人に決定!

ディズニーの新しいプリンセス、モアナの声はハワイ在住14歳の新人に決定!

ディズニーの新しいプリンセス、モアナの声はハワイ在住14歳の新人に決定!
0

2016年11月23日全米公開予定のディズニー初、ポリネシア系女性を主人公にした海洋冒険映画『モアナ』で、ヒロインのモアナの声をハワイ オアフ島出身の新人ティーン女優が務めることになりました。


今から2000年前、勇気のある少女モアナは、これまで誰も見つけられなかったオセアニアの伝説の島を目指し航海に出ます。旅のお供は友達のブタとニワトリ。さらに途中でポリネシアの神と人間のハーフであるマウイと出会い、共に旅することになります。4人?は未知の海で様々な怪物や生き物たちと出会いながら冒険の航海をする…というお話です。

今回、ネイティブ・ハワイアンで、オアフ島出身の若干14歳アウリー・カルヴァーリョがオーディションでモアナの声を勝ち取りました。
マウイの声は”ザ・ロック”ドウェイン・ジョンソンが務めます。
moana-aulii-cravalho_01モアナとマウイ
オーディションでアウリーがモアナに選ばれた時の映像です。ネットの映像を通じて監督からモアナ役に決まったことが伝えられた時のアウリーのリアクションがとってもティーンしててかわいいですよ。その後、お母さんに携帯で伝える姿も元気で明るくていいです。新しい現代的なヒロインが誕生しました。

監督は上の映像にも登場している『プリンセスと魔法のキス』『アラジン』のロン・クレメンツとジョン・マスカー。
この2人は元ディズニーの大ベテランのアニメーターです。現状ディズニー最後の手描きアニメとなっている『プリンセスと魔法のキス』で、当時すでに手描きアニメーターが不足気味だったディズニーで若手の指導と指揮をしています。その後ディズニー・アニメーション・スタジオがフルCGに移行した時に退社していました。手描きにこだわってきたこの2人がディズニーに戻ってフルCGアニメを指揮しているというところは、アニメーション的にはとても注目すべきポイントです。

『モアナ』は全米で2016年11月23日公開予定です。