1. Home
  2. 海外NEWS
  3. ディズニー実写映画「くるみ割り人形とねずみの王様」にミスティ・コープランドが出演

ディズニー実写映画「くるみ割り人形とねずみの王様」にミスティ・コープランドが出演

ディズニー実写映画「くるみ割り人形とねずみの王様」にミスティ・コープランドが出演
0

バレエ「くるみ割り人形」の原作「くるみ割り人形とねずみの王様」を元にした、ディズニーによる実写映画化企画『The Nutcracker and the Four Realms』に、バレエのミスティ・コープランドが出演することが決定しました。


クリスマスに不恰好なくるみ割り人形をもらった少女マリーが、ねずみの王国と、くるみ割り人形率いる人形たちの戦いに巻き込まれます。くるみ割り人形は昔、お姫様の呪いを解くため代わりに呪われた青年の変わり果てた姿でした。マリーは何とかくるみ割り人形にされた青年を元に戻そうとする…というファンタジーなお話です。

チャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」の原作として有名な、この「くるみ割り人形とねずみの王様」は、ドイツのE.T.A.ホフマンが1816年に発表した童話です。

ディズニーによる実写映画化、監督は『セイフ ヘイヴン』『親愛なるきみへ』のベテラン、ラッセ・ハルストレム。脚本は若手女性脚本家のアシュリー・パウエルがそれぞれ担当します。

ディズニーが、バレエで有名な「くるみ割り人形」の原作「くるみ割り人形とねずみの王様」を元にした実写映画化企画『The Nutcracker and the Four Realms』を進行中です。監督がラッセ・ハルストレムに決定しました。チャイコフスキーのバレエ「くるみ割り人形」の原作「くるみ割り人形とねずみの王様」は、ドイツのE.T.A.ホフマンが1816年に発表した童話です。クリスマスに不恰好なくるみ割り人形をもらった少女マリーが、ねずみの王国と、くるみ割り人形率いる人形たちの戦いに巻き込まれます。くるみ割り人形は昔、お姫様の呪いを...

今回、インスタグラムにミスティ・コープランドが『The Nutcracker and the Four Realms』への出演をアナウンスする投稿をしました。


ミスティ・コープランドは名門アメリカン・バレエ・シアターで黒人初となるプリンシパルに選ばれ、ドキュメント映画が制作されたり自伝の映画化も進行しているバレエ界きっての売れっ子です。

名門アメリカン・バレエ・シアターで黒人女性初の主席ダンサーとなったミスティ・コープランドの自伝を映画化する『Life In Motion:An Unlikely Ballerina』の脚本に、『タイタンを忘れない』の脚本を担当したグレゴリー・アレン・ハワードが抜擢されました。ミスティ・コープランドは現在33歳。13歳という、バレエを始めるには一般的に遅いといわれる年齢からバレエを始め、15歳の時には早くも数々の賞を受賞しプロのオファーが来るほどになっていたという天才バレエダンサーです。その才能に目を付けた母親と彼女のバレエの先生との...

アメリカン・バレエ・シアター(ABT)で黒人初のプリンシパルとなったミスティ・コープランドのドキュメント映画『A Ballerina’s Tale』が全米で10月14日に公開・配信されるのを前に予告編が公開されました。『A Ballerina’s Tale』は、ミスティ・コープランドが2012年にABTでストラヴィンスキー「火の鳥」の主役を踊るまでを追ったものです。彼女は当時怪我を抱えていましたが、その回復プロセスを描写しつつ、同時に彼女が13歳でバレエ界に入るまで拒否されてきた人種や年齢、体格的な問題にも焦点を当てるという内容です。監督のネ...

ミスティは劇中で唯一となるバレエシーンに登場する予定とのこと。
今後、出演者の発表が行われていくと思われます。