Home 海外NEWS グレタ・ガーウィグとノア・バームバック監督コンビの新作『Mistress America』の全米配給がフォックス・サーチライトに

グレタ・ガーウィグとノア・バームバック監督コンビの新作『Mistress America』の全米配給がフォックス・サーチライトに

グレタ・ガーウィグとノア・バームバック監督コンビの新作『Mistress America』の全米配給がフォックス・サーチライトに
0

mistress-america-fox-serchlight_00『フランシス・ハ』のグレタ・ガーウィグとノア・バームバック監督コンビの新作『Mistress America』の全米配給がプレミア上映を前に早くもフォックス・サーチライトに決まりました。


『フランシス・ハ』の監督・主演コンビの新作『Mistress America』

『Mistress America』はグレタ・ガーウィグとローラ・カークがメインキャストを務めます。NYの大学の新入生(ローラ・カーク)は都会に馴染めず孤独だったところに、冒険好きの異母姉妹(グレタ・ガーウィグ)が転がり込んできて、色々な騒動に巻き込まれて…というお話です。

ノア・バームバック監督の2015年3月公開予定の、ナオミ・ワッツ&ベン・スティーラー、アマンダ・サイフリッド&アダム・ドライバーというキャストで世代の違う夫婦を描く『While We’re Young』はA24が高額で配給権を獲得しています。
ノア・バームバック最新作ベン・スティーラー、ナオミ・ワッツ、アマンダ・サイフリッド、アダム・ドライバー共演『While We’re Young』の全米配給はA24が取得

そして今回の『Mistress America』は、1月22日から開催されるサンダンス映画祭でのプレミア上映を前に、早くも配給が決定しました。『フランシス・ハ』の成功がこうした早い買い付けを呼んでいます。今、独立系映画では注目の女優と監督の作品です。

フォックス・サーチライトはご存知の通り、独立系の作品を配給する会社としては大手です。数々の名作を世に送り出し、賞レースでも常連です。2014年は賞レースで名前が必ずあがる『グランド・ブダペスト・ホテル』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』などを配給。リース・ウィザースプーンの『Wild』のここが配給しています。

『Mistress America』の全米公開は2015年を予定しています。