Home 海外NEWS 『フランシス・ハ』の監督・主演コンビの新作『Mistress America』

『フランシス・ハ』の監督・主演コンビの新作『Mistress America』

『フランシス・ハ』の監督・主演コンビの新作『Mistress America』
0

mistress-america-first-look_00インディペンデント映画の女王と称されているグレタ・ガーウィグと監督ノア・バームバックといえば、、キューティー映画の傑作『フランシス・ハ』ですが、早くもこのコンビの次回作が完成し発表されました。タイトルは『Mistress America』です。


ノア・バームバックは全米で2015年3月公開のベン・スティーラー、ナオミ・ワッツ、アマンダ・サイフリッド、アダム・ドライバー共演『While We’re Young』を撮り終えたばかりです。

彼はその後すぐに、恋人であり『フランシス・ハ』でも脚本を共作したグレタ・ガーウィグが脚本を書いている『Mistress America』に参加しています。脚本は共作なので『フランシス・ハ』と同じ体勢のようです。

出演者にはローラ・カーク。彼女は「GIRLS/ガールズ」ジェマイマ・カークの妹です。ちなみにカーク姉妹の父親はフリー、バッド・カンパニーのドラマー、サイモン・カークです。

『Mistress America』は、NYの大学の新入生がヒロインです。そのヒロインは都会に馴染めず孤独だったところに、冒険好きの異母姉妹が転がり込んできて、色々な騒動に巻き込まれて…というお話。
これまたキューティー映画です。しかも女性バディもの。ヒロインをローラ、異母姉妹をグレタが演じます。とても楽しみです。

映画はすでに完成しており、これから映画祭を回って配給を獲得することになると思われますが、ヒットし評価も高かった『フランシス・ハ』コンビで、その期待を裏切らないキューティー映画なので、すぐに公開が決まると思います。
日本での公開も待ち遠しいですね。