1. Home
  2. 海外NEWS
  3. フレディ・マーキュリー伝記映画『Bohemian Rhapsody』にマイク・マイヤーズ出演

フレディ・マーキュリー伝記映画『Bohemian Rhapsody』にマイク・マイヤーズ出演

フレディ・マーキュリー伝記映画『Bohemian Rhapsody』にマイク・マイヤーズ出演
0

クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーを描く、ラミ・マレック主演、ブライアン・シンガー監督による『Bohemian Rhapsody』に、マイク・マイヤーズが出演することがわかりました。


『Bohemian Rhapsody』はフレディ・マーキュリーを中心に、クイーンが結成された1970年から、1985年に行われたライブ・エイドでの伝説的な復活パフォーマンスまでを描きます。

クイーンのボーカル、フレディ・マーキュリーの伝記映画、ラミ・マレック主演『Bohemian Rhapsody』で、フレディの元恋人で生涯唯一の親友だったメアリー・オースティンを、ルーシー・ボーイントン(「ジプシー」『シング・ストリート 未来へのうた』)が演じることがわかりました。『Bohemian Rhapsody』はフレディ・マーキュリーを中心に、クイーンが結成された1970年から、1985年に行われたライブ・エイドでの伝説的な復活パフォーマンスまでを描きます。監督に『X-MEN』シリーズのブライアン・シンガー、脚本に『博士と彼女のセオ...

マイク・マイヤーズといえば、「サタデー・ナイト・ライブ」内でロック好きの若者を描くコントに出てくる人気キャラクターを映画化し、全米で大ヒットした『ウェインズ・ワールド』(1992)で主人公のウェインを演じていました。この映画の中で「Bohemian Rhapsody」を聞いてヘッドバンキングする、という有名なシーンがあります。

この頃のクイーンはアメリカではほぼ忘れられている存在でしたが、この映画のシーンがきっかけに「Bohemian Rhapsody」が再評価され、全米シングルチャートで2位、世界中でリバイバルヒットとなりました。

『Bohemian Rhapsody』での彼の役は現在不明です。一説ではマネージャーのジム・ビーチを演じるのではないか、とも言われています。
『Bohemian Rhapsody』の全米公開日は2018年12月25日です。