Home 海外NEWS 第2次世界大戦時フランスの姉妹を描く『The Nightingale(原作邦題:ナイチンゲール)』監督にミシェル・マクラーレン

第2次世界大戦時フランスの姉妹を描く『The Nightingale(原作邦題:ナイチンゲール)』監督にミシェル・マクラーレン

第2次世界大戦時フランスの姉妹を描く『The Nightingale(原作邦題:ナイチンゲール)』監督にミシェル・マクラーレン
0

第2次世界大戦末期、フランスで全く異なる運命となった姉妹の描く『The Nightingale(原作邦題:ナイチンゲール)』の監督に、「ゲーム・オブ・スローンズ」「ブレイキング・バッド」などを手がけた女性演出家ミシェル・マクラーレンが選ばれました。


『『The Nightingale』は、第2次世界大戦末期、ドイツ占領下のフランスを舞台に、戦争に出た夫を待ちながらドイツ将校と同居を強いられる姉と、レジスタンスとなり『ナイチンゲール』の暗号名でフランスにいる連合軍のパイロットたちを国外へ逃がす活動をしていた妹の運命を描くお話です。

2015年に出版されたクリスティン・ハナによる同名小説が原作です。日本では「ナイチンゲール」の邦題で出版されています。
特徴的なのが、アメリカではこの本がティーンにお薦めの本とされ長らくベストセラーとなっていたことです。

ナイチンゲール (上) (小学館文庫)

価格¥825

順位884,697位

ハナ,クリスティン

原著Hannah,Kristin

翻訳洋子, 加藤

発行小学館

発売日16.05.07

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

ナイチンゲール (下) (小学館文庫)

価格¥869

順位898,776位

ハナ,クリスティン

原著Hannah,Kristin

翻訳洋子, 加藤

発行小学館

発売日16.05.07

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


原作で描写される妹のレジじタンス活動は、アンドレ・デ・ヨングという実在したベルギーの女性レジスタンスの活躍を元にしています。彼女はやはりフランスで撃墜された連合軍のパイロットたちを国外に逃がす活動をしていました。

脚本は『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』『最後の初恋』のアン・ピーコックが担当。
今回監督に選ばれたミシェル・マクラーレンは『ワンダーウーマン』の監督に一旦決まったものの意見の相違で降板しています。本作が初の長編劇場監督作品となります。彼女に期待されているのは女性向けとはいえハードな作風でしょうか?

2017年6月公開で準備が進められている『ワンダーウーマン』の女流監督ミシェル・マクラーレンが降板しました。『ワンダーウーマン』監督に「ブレイキング・バッド」ミシェル・マクラーレン『ワイルド・スピード』...