Home 海外NEWS メリッサ・マッカーシー、ギャングの妻たちの活躍を描くコミック原作『The Kitchen』に出演

メリッサ・マッカーシー、ギャングの妻たちの活躍を描くコミック原作『The Kitchen』に出演

メリッサ・マッカーシー、ギャングの妻たちの活躍を描くコミック原作『The Kitchen』に出演
0

ギャングの3人の妻たちの過激な活躍を描いたアメコミの映画化『The Kitchen』で、ティファニー・ハディッシュに続いてメリッサ・マッカーシーがキャスティングされました。


『The Kitchen』は、1970年代、ニューヨークで最も危険な場所と呼ばれてた通称「ヘルズ・キッチン」が舞台。警察によって捕らえられたギャングの旦那達に代わってその稼業を引き継ぎ、さらに夫たちより過激に犯罪を犯す3人のアイリッシュ・マフィアの妻たちが活躍するという、ニューヨーク版「極妻」なお話です。

監督・脚本に『ストレイト・アウタ・コンプトン』脚本のアンドレア・バーロフ。彼女の初監督作品となります。

メインキャストとして『Girls Trip』で大ブレイクした黒人コメディアンヌのティファニー・ハディッシュがいち早くキャスティングされていましたが、それに続いてこれまた芸達者なコメディアンヌのメリッサ・マッカーシーがキャスティングされました。達者なコメディアンヌを起用することで、シリアスでハードながら、ブラックな笑いがちょっと含まれる映画になりそうです。

黒人コメディアンヌのティファニー・ハディッシュが、今年全米で大ヒットを記録したキューティー映画『Girls Trip』に出演後、続々と主演作の企画が立ち上がり大ブレイク中です。彼女は今年の11月、長い歴史を持...

原作は金髪、赤毛、黒髪のアイリッシュ系白人3人組でしたが、映画版では個性的な面々となるのでしょうか?そうなると3人目のキャスティングもコメディアンヌでしょうか?しかもティファニー、メリッサなら、次に発表されるキャストがメインキャラクターとなるはずです。誰になるか気になります。