1. Home
  2. 海外NEWS
  3. 『Love,サイモン 17歳の告白』ドラマシリーズ「Love,Victor」ディズニー+から米Huluへ

『Love,サイモン 17歳の告白』ドラマシリーズ「Love,Victor」ディズニー+から米Huluへ

『Love,サイモン 17歳の告白』ドラマシリーズ「Love,Victor」ディズニー+から米Huluへ
0

ディズニー+で配信予定だった『Love,サイモン 17歳の告白(原題:Love,Simon)』のドラマシリーズ「Love,Victor」が米Huluでの配信に変更となりました。


2018年に公開された、ニック・ロビンソン主演、隠れゲイの高校生の恋と友情と家族を描いた青春映画の傑作『Love,サイモン 17歳の告白』はベッキー・アルバータリの原作「サイモンvs人類平等化計画」の映画化でした。「Love,Victor」は、映画の舞台になった高校に転校してきたビクター(マイケル・チミノ『アナベル 死霊博物館』)を中心に、彼や友人、家族、そしてビクター自身の性的指向について描くお話です。

ニック・ロビンソン主演、隠れゲイの高校生の恋と友情と家族を描いた青春映画の傑作『Love, サイモン 17歳の告白』(2018)がディズニーの配信サービスディズニー+でドラマシリーズ化されます。17歳の高校生サイモン(ニック・ロビンソン)は隠れゲイ。そんな彼が唯一何でも話せるのが、ネットで知り合った”ブルー”なる人物。ブルーはどうも同級生らしいのですが誰かわかりません。サイモンのブルーへの想いは日増しに強くなるばかり…という、ミステリアスな恋の相手を探す青春映画です。キャサリン・ラングフォード、ジェニファー・ガ...

全10話となるシリーズは当初ディズニー+で配信が予定されていましたが、内容がファミリー向けでないということで、同じディズニーが運営する、アダルト的な内容でもOKの米Huluに移動となりました。
配信開始は6月からです。

ディズニー+での配信予定がされている話題の青春ドラマシリーズはいずれもHuluに移動か、メインクリエーターが降板するかなどしています。その理由の殆どが「内容がファミリー向けではない」というものです。

ジョン・キューザック主演『ハイ・フィデリティ』(2000)をゾーイ・クラヴィッツ主演でドラマシリーズ化する企画の配信プラットフォームが、ディズニーの新配信サービス「ディズニー+」から米Huluに移りました。シカゴで小さな中古レコードを営むロックオタクの日常を描いたジョン・キューザック主演『ハイ・フィデリティ』(2000)を、ゾーイ・クラヴィッツを主人公にしてドラマシリーズ化する企画は、当初ディズニーが2019年秋からスタートさせる配信サービス「ディズニー+」で配信される予定でした。ディズニー+はR指定、PG-13指定...

2019年11月からスタートするディズニーの新配信サービス「ディズニー+」の目玉コンテンツの1つ、「ハイスクール・ミュージカル」シリーズの新たなドラマシリーズ「High School Musical:The Musical」の制作の中心人物が作品の方向性を巡って離脱しました。イースト高校を舞台に、冬に学校で上演される「ハイスクール・ミュージカル」のために集まった学生たちを描きます。ドキュメントタッチでオーディションや練習風景を見せつつ、さらに「ハイスクール・ミュージカル」が劇中劇にもなっているという仕掛けです。劇中では新曲ととも...

ディズニー+で配信予定のヒラリー・ダフ主演『リジー&Lizzie』の新シリーズが、ショーランナーが降板したため制作が中断しました。ディズニー+の新シリーズは、13歳だった『リジー&Lizzie』のリジーが30歳となり、ニューヨーク・ブルックリンの小さなアパートに住みながらインテリア・デザイナーとして働き、レストランのシェフのフィアンセもいる…という設定で物語が進む予定でした。アニメパートは13歳の頃のリジー(オリジナルのまま)という設定です。親友ゴード役のアダム・ランバーグ、父母役のハリー・トッド&ロバー...

今どきの人気青春ドラマは、リアリティなどが増したり、ドラマの展開の意外性をうたう上でも大人向けのテーマや内容が多く、ドラッグや性的なもの…「ファミリー向けでないもの」が描かれます。
ディズニー・チャンネルで放映されていたようなティーン向けの内容は、なかなか今の時代では難しいということでしょう。
今回の「Love,Victor」の移動原因はドラマ上で描かれるビクターの両親の離婚問題がアルコールによるものであったり、ビクターが自分の性的指向を試すために描かれる際どいシーンのためだそうです。

ディズニー+はディズニーの全てのコンテンツの発信中心地となるべく企画・展開されているものですが、ここに来てその方針から米Huluとの役割分担が明確になっています。その結果、米Huluの存在感が増しているようにも思えます。