Home 海外NEWS 『若草物語』エマ・ストーンからエマ・ワトソンへ

『若草物語』エマ・ストーンからエマ・ワトソンへ

『若草物語』エマ・ストーンからエマ・ワトソンへ
0

エマ・ワトソンが、メリル・ストリープ、シアーシャ・ローナン、ティモテ・シャラメら豪華キャスト、グレタ・ガーウィグ監督・脚本『若草物語』に、エマ・ストーンに代わって参加することになりました。


『若草物語』は、今年、原作出版150周年となります。そのためいくつかの映像化が企画・制作されていますが、一番の話題作はソニーによる『レディ・バード』グレタ・ガーウィグが監督・脚本を担当する本企画です。
母親役をメリル・ストリープ、長女メグ役をエマ・ストーン、物語の主役である次女ジョー役にシアーシャ・ローナン、三女ベス役にエリザ・スカンレン、一家の隣に住むローリー役にティモテ・シャラメ、さらにローラ・ダーン、フローレンス・ピュー、ジェームズ・ノートンらが出演すると言われていて、来月から撮影に入る予定です。

しかしエマ・ストーンが、11月23日から全米公開のヨルゴス・ランティモス監督最新作『The Favourite』に出演していることから、そのキャンペーンなどで撮影のスケジュールと合わなくなってしまい、降板となってしまいました。

エマ・ストーン、レイチェル・ワイズ、オリヴィア・コールマン共演、18世紀イギリス・ステュアート朝の最後の女王アン女王を巡る女性たちを描くヨルゴス・ランティモス監督最新作『The Favourite』の日本公開が20...

エマ・ストーンは長女メグ役を演じると言われていました。現時点では公式発表がないのですが、エマ・ワトソンがエマ・ストーンの代わりとなる以上、メグ役を演じるものと思われます。

『ラ・ラ・ランド』では当初エマ・ワトソンにオファーが行っていたものが最終的にエマ・ストーンになった、という経緯がありましたが、今回は逆となりました。
『若草物語』の公開は全米公開は2019年12月24日と言われています。