Home 海外NEWS 人気ユーチューバー主演のキューティー映画『Dirty 30』をメジャー会社が製作

人気ユーチューバー主演のキューティー映画『Dirty 30』をメジャー会社が製作

人気ユーチューバー主演のキューティー映画『Dirty 30』をメジャー会社が製作
0

『トワイライト』『ハンガー・ゲーム』『ダイバージェント』といった人気YA原作シリーズなど数々のキューティー映画を製作・配給している新興製作配給会社ライオンズゲートが、人気ユーチューバー3人組を主演にしたキューティー映画『Dirty 30』を製作します。


『Dirty 30』は三十路になったヒロインと、その誕生パーティーに集まった2人の女友達によるコメディです。

出演はグレース・ヘルビック、ハンナ・ハート、マムリー・ハート。彼女らは古参ユーチューバーです。この3人は2014年に自身が出演する『Camp Takota』というキューティー映画を制作・配信し、成功を収めました。
この映画の成功が今では当たり前となりつつある、YouTubeやVineなどのSNSスターたちを映画やドラマに採用させるきっかけとなりました。

海外には人気動画ブロガーというのがいます。YouTubeなど動画配信サイトで定期的に動画をアップして人気を得る人たちのことです。その中にグレース・ヘルビックという女性がいます。彼女は1985年生まれの28歳。女...

今回の『Dirty 30』はライオンズゲートの製作・配給によるもので、若い女性向け映画を製作してきたライオンズゲートとしては、デジタル配信での人気者を取り込み新しい配信の形を模索するのは戦略としては当然の流れでしょう。
『Camp Takota』の成功で、再びそのチームが集められた形です。

監督はアンドリュー・ブッシュ。彼は長編監督経験は1本で、後は全て短編を監督しています。
脚本には『ANNIE/アニー』に出演していた女優モリー・プラザーとメインキャラクターの1人マムリー・ハートの共同脚本です。

3人による映画制作決定のムービーが配信されています。そして専用サイトも稼働開始。この辺りの展開の速さ、気軽さはネット中心に活動している人たちの強みですね。来週からはじまる制作準備段階から、公式サイトなどで映像発信をしていきます。