Home 海外NEWS 女優が1人で作り上げたインディペンデント系キューティー映画『Life in Color』予告編

女優が1人で作り上げたインディペンデント系キューティー映画『Life in Color』予告編

女優が1人で作り上げたインディペンデント系キューティー映画『Life in Color』予告編
0

life-in-color-trailer_00女優キャサリン・エマーが初めてプロデュース、監督、脚本、編集、主演と1人で作り上げた、インディペンデント系キューティー映画『Life in Color』が現在アメリカのiTunesムービーとアマゾンで配信中です。


『Life in Color』は、住み込み家政婦のヒロインが、主人の家の子どもの誕生日に呼んだピエロと裏でマリファナを吸っているところを主人に見つかり、その日のうちにクビになり、行くあてを失ってピエロの家に転がり込みます。最初はギクシャクしていた2人がやがてお互いを認め合い、恋が芽生え…というお話です。

ジョシュ・マクダーミット(「ウォーキング・デッド」S4〜)が共演。映画は去年のSXSWで上映された後、いくつかの映画祭で上映されてきました。2月11日から映画は配信で一般公開されています。

インディペンデント系映画は近年、劇場ではなく配信で公開されることが増えていますが、本作のような、スターも出演せず、とりたてて美男美女ではない、どこにでもいるような身近な存在の男女の恋愛映画は、今後この公開方法が増えるでしょう。

予告編は曲を丸々使って、非常にドラマチックな構成で見せてくれます。特に後半の曲が盛り上がっていくところでの編集のタイミングは秀悦。作品への期待感が増します。ぜひ日本でも見たい作品です。
life-in-color-trailer_01