Home 海外NEWS 「トワイライト」10周年記念版に、登場人物の性を入れ替えた物語が収録!

「トワイライト」10周年記念版に、登場人物の性を入れ替えた物語が収録!

「トワイライト」10周年記念版に、登場人物の性を入れ替えた物語が収録!
0

life-and-deathtwilight-reimagined_00「トワイライト」の原作小説が出版されて10年が経ちました。全米では10月6日に、10周年記念版が出版されましたが、そこに主演2人の男女を入れ替えた物語「Life and Death:Twilight Reimagined」が収録されています。


よくある外伝は、ストーリーの主観を逆転させるものです。トワイライトの2次創作である「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」がまさにこのパターンで、ヒロイン視点のオリジナルに対して相手の男性視点のお話を出版しヒットさせました。

「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」を別視点で描く「Grey」発売!電子書籍ではトップ独走中

しかし本家でプロの作家のステファニー・メイヤーはそんなベタなことはしません(笑)
今回10周年記念版に収録されている「Life and Death:Twilight Reimagined」は、ビューフォート(Beaufort)通称ビュー(Beau)という男性キャラの視点で、エダイス(Edythe)という女性キャラとの関係が描かれる、400ページにも及ぶ「トワイライト」の別バージョン・ストーリーです。

つまり、オリジナルのヒロインである女性キャラのベラがビューフォートという男性キャラになり、相手役の男性吸血鬼エドワードがエダイスという女性キャラになって、トワイライトの物語が進みます。その他のキャラクターも、例えばエドワードの妹アリスはアーチーという弟、といった具合に全て性別が逆転して登場するようです。

「らんま1/2」のようなキャラクターの性別変更によるアナザー・ストーリーの試みは面白いですね。翻訳版を早く読みたいです。

Twilight Tenth Anniversary/Life and Death Dual Edition 洋書

価格¥3,078

順位452,181位

Meyer, Stephenie

発行Little, Brown Books for Young Readers

発売日15.10.07

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


トワイライト・サーガの映画は1作目の公開から7年が経ちました。トワイライト・サーガは今の大型YA小説原作映画の流れを作り、トゥイーンズ&ティーンズの若い女性層を掘り起こし大ヒットさせる映画興行の新しい形を作り出しました。
その映画版もリブートの噂が出ています。