Home 海外NEWS 『きっと、星のせいじゃない。』原作者ジョン・グリーン参加のアンサンブル小説の映画化『Let It Snow』をNetflixが製作

『きっと、星のせいじゃない。』原作者ジョン・グリーン参加のアンサンブル小説の映画化『Let It Snow』をNetflixが製作

『きっと、星のせいじゃない。』原作者ジョン・グリーン参加のアンサンブル小説の映画化『Let It Snow』をNetflixが製作
0

『きっと、星のせいじゃない。』原作者ジョン・グリーンが参加している3人のYA系作家によるアンサンブル小説の映画化『Let It Snow』は長らく公開が停滞していましたが、Netflix映画として配信されることがわかりました。




原作である、2008年に出版されたジョン・グリーン、モーリーン・ジョンソン、ローレン・マイラクルといった3人の人気YA作家たちの短篇集共著「Let It Snow: Three Holiday Romances」は、クリスマスイブに大雪に見舞われた1つの町を舞台にした短篇集です。各作家ごとの短編3つからなり、3つの話はそれぞれ独立しているものの互いが微妙にリンクしている仕掛けになっています。

映画化はユニバーサル・ピクチャーによって2016年に企画され、脚本を『ピッチ・パーフェクト』ケイ・キャノンが手がけて最終的に『きっと、星のせいじゃない。』スコット・ノイスタッター&マイケル・H・ウェバーのコンビがまとめています。監督も長編映画初監督となるルーク・スネリンに決定していました。一旦は公開日まで設定されていましたが、公開日の延期が発表されて以来、その後どうなったか全くわからなくなっていました。

『きっと、星のせいじゃない。』原作者ジョン・グリーンが参加している3人のYA系作家によるアンサンブル小説の映画化『Let It Snow』の公開日が、ユニバーサルによって2016年12月6日から2017年11月22日に変更され...

それが今回Netflixによって製作・配信されることになりました。
監督はルーク・スネリンと発表されているので2016年の時の企画であるようです。2019年より制作が開始されます。

2014年にジョン・グリーン原作の映画『きっと、星のせいじゃない。』が予想外の大ヒットを記録し、ジョン・グリーンの小説のほとんどが映画化予定となりました。
しかし彼の小説の中でも人気の高かった『ペーパータウン』(2015)の映画化がコケて以来、全ての映画化企画がストップしてしまい、青春系キューティー映画の主流になると思われたジョン・グリーン小説の映画化ブームは一気に終焉しました。

そんな過去の映画化企画を今さらNetflixがすくい上げているのは、やはり配信コンテンツの中心がキューティー映画にあることが明確になったからというのと、クリスマス・シーズンの目玉のコンテンツになると踏んだからだと予想されます。
出演者など今後の情報に注目です。