Home 海外NEWS 『キュティ・ブロンド』第3弾の脚本にミンディ・カリングとダン・ゴーアが参加

『キュティ・ブロンド』第3弾の脚本にミンディ・カリングとダン・ゴーアが参加

『キュティ・ブロンド』第3弾の脚本にミンディ・カリングとダン・ゴーアが参加
0

リース・ウィザースプーンが3たびエル・ウッズを演じる『キューティ・ブロンド』第3弾(原題:Legally Blonde 3)の脚本に、ミンディ・カリング(『レイトナイト 私の素敵なボス』『オーシャンズ8』)とダン・ゴーア(「ブルックリン・ナイン-ナイン」)が参加することがわかりました。


『キューティ・ブロンド』第3弾(原題:Legally Blonde 3)は、2018年に、2020年のバレンタインデー公開が発表されましたが、その後延期となっており、企画・製作の進捗が不明となっていました。

リース・ウィザースプーンが3たびエル・ウッズを演じる『キューティ・ブロンド』第3弾(原題:Legally Blonde 3)の全米公開日が決定しました。先日、突然製作発表があったばかりの『キューティ・ブロンド』第3弾...

脚本は1作目の脚本チームだったカレン・マックラー・ラッツ&キルステン・スミスが執筆していましたが、ミンディ・カリングとダン・ゴーアのチームはそのブラッシュアップ(修正)ではなく、全く0から新しく脚本開発を行うようです。

ミンディ・カリングはコメディアンヌですが、『レイトナイト 私の素敵なボス』やNetflixの青春コメディシリーズ「私の“初めて”日記」などで脚本も担当しています。いずれも秀悦なコメディです。
ダン・ゴーアも人気コメディドラマで名をあげている人です。さらにダン・ゴーアは奥さんがインド人。そんなこともあり2人はいいチームとして、本作以外にも、プリヤンカー・チョープラ主演で準備中のキューティー映画でも脚本を担当しています。
こちらはミンディ・カリングは準主役で出演するとも言われており、さらにプリヤンカー・チョープラが初監督を務めるのでは?とも言われています。

となると、今回の『キューティ・ブロンド』はコメディの要素を重視しているということですね。キューティー映画の金字塔的作品の新作の方向性が「コメディ」というのは、今後のキューティー映画の流れを読む上でも実に興味深いです。