Home 海外NEWS 「ギルモア・ガールズ」のローレン・グレアムがYA小説の映画化で脚本を担当

「ギルモア・ガールズ」のローレン・グレアムがYA小説の映画化で脚本を担当

「ギルモア・ガールズ」のローレン・グレアムがYA小説の映画化で脚本を担当
0

ローレン・グレアム(「ギルモア・ガールズ」シリーズ)が、自身の製作プロダクションでYA青春小説「Windfall」の映像化権を獲得し、彼女が脚本を担当します。


「Windfall」はジェニファー・E・スミスが2017年5月に出版したYA小説で、ずっと男友達に片思いのヒロインが、彼の18歳の誕生日に宝くじをあげたところ、その宝くじが当たって1億4千万ドル(約154億円)が彼のところに入ったことで、全てが変わってしまう…というお話です。

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)



ローレン・グレアムはこれまでもCBSフィルムと、アメリカ人ヒロインがイギリスに引っ越し、通っているオックスフォード大学で出会ったのが未来のイギリス国王…という「The Royal We」の企画開発に関わっており、ここでも脚本を執筆しています。
さらに2014年にはニューヨークで女優を目指すヒロインを描いた自伝的なフィクション小説「Someday, Someday, Maybe」を執筆し、そのTVドラマ企画も進めています。

Someday, Someday, Maybe: A Novel (English Edition) Kindleストア

価格¥800

順位130,491位

Graham, Lauren

発行Ballantine Books

発売日13.04.30

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API