1. Home
  2. 海外NEWS
  3. カーシー・クレモンズ主演、孤児のヒロインの生き様を描く『The Language of Flowers(原作邦題:花言葉をさがして)』映画化

カーシー・クレモンズ主演、孤児のヒロインの生き様を描く『The Language of Flowers(原作邦題:花言葉をさがして)』映画化

カーシー・クレモンズ主演、孤児のヒロインの生き様を描く『The Language of Flowers(原作邦題:花言葉をさがして)』映画化
0

孤児で心を閉ざしているヒロインが、花言葉を通じて成長していくさまを描いた「The Language of Flowers(原作邦題:花言葉をさがして)」がカーシー・クレモンズ(『ネイバーズ2』『DOPE/ドープ!!』)主演で映画化されます。


ヴィクトリア(カーシー・クレモンズ)は孤児で問題児だったため、これまで里親を転々としていました。そんな中、里親エリザベスから教えてもらった花言葉で彼女はエリサベスに心を開きます。18歳となり施設を出てホームレスをしていたヴィクトリアは花屋に雇ってもらい、彼女の花束は評判となります。そして花市場で出会った男性と恋におち…花言葉と共に、ヴィクトリアの過酷な人生を描いていきます。

ヴァネッサ・ディフェンバーが2012年に発表した初の同名長編小説が原作です。日本では邦題「花言葉をさがして」で出版されています。

花言葉をさがして The language of flow

価格¥200

順位573,663位

ヴァネッサ ディフェンバー

原著Diffenbaugh,Vanessa

翻訳瑞人, 金原, 佳子, 西田

発行ポプラ社

発売日11.12.08

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

監督は舞台監督出身のマイケル・メイヤー。彼はシアーシャ・ローナン、アネット・ベニング共演、チェーホフの「かもめ」を映画化した『The Seagull』が公開されたばかりです。

シアーシャ・ローナン、アネット・ベニング、エリザベス・モスらが共演する、チェーホフ「かもめ」を映画化した『The Seagull』の予告編が公開されました。劇作家志望の青年コスチャ(ビリー・ハウル)が、恋人で女優志望の地主の娘ニーナ(シアーシャ・ローナン)を主演にして、女優で母のアルカージナ(アネット・ベニング)やその愛人の小説家トリゴーリン(コリー・ストール)、いつも黒い服を着ているマーシャ(エリザベス・モス)ら家族・知人の前で芝居を行います。しかし劇は不評。ただニーナの芝居は褒められたため、彼女は女...

脚本は『オタク・レボリューション』監督のピーター・ハッチングス。彼が所属するBCDFピクチャーズが企画・製作を行います。

BCDFピクチャーズ、ここ4日に渡って怒涛のキューティー映画企画発表です。

パラノーマル・ロマンス系YA小説「Hush, Hush(原作邦題:黒衣の天使と危険な恋)」の映画化企画で、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」などを手がけた女流テレビドラマ演出家、ケリー・サイラスが監督に抜擢されました。男の子が苦手で本が好きな16歳のヒロイン、エラが、ミステリアスで背中に傷のある転校生のイケメン、パッチと出会います…もうこれ以上説明は必要ないですよね?(笑)「トワイライト」が大ヒットした後、亜流のパラノーマル・ロマンス系YA小説がたくさん出版されましたが、本作もその1つです。ベッカ・フィッツパトリ...

「レベッカのお買いもの日記」シリーズなどの原作者ソフィー・キンセラ原作のロマンス小説『Can You Keep A Secret?(原作邦題:エマの秘密に恋したら…)』がアレクサンドラ・ダダリオ主演で映画化されます。搭乗していた飛行機が乱気流に巻き込まれ、パニックになったエマ(アレクサンドラ・ダダリオ)は思わず隣にいた男性に自分の秘密を全部話してしまいます。無事飛行機は着陸し事なきを得ましたが、エマの会社に現れた、これまで社員に姿を見せなかった社長がその時の男性で…というキューティー映画小説の傑作です。『お買いもの...

サリー・ソーンのロマンス小説「The Hating Game(原作邦題:大嫌いゲーム)」が、『ロミー&ミッシェル』『ハートブレイカー』デヴィッド・マーキン監督で映画化されます。企画開発を行うのは、キューティー映画化ニュースが3日連続続いているBCDFピクチャーズです。小柄な秘書のルーシーが務める出版社は合併したせいでCEOが2人います。もう1人の秘書は背が高くイケメンだけど性格の悪いジョッシュ。何かと衝突してばかりの2人ですが、秘書のうち1人が会社役員に登用されると知って2人は重役の椅子を巡って争うことに…というロマンテ...

いずれも、元々は他社が映画化権を獲得したものの、企画開発が進捗しなかった(このような企画を「デベロップメント・ヘル」と呼びます)キューティー映画の企画を買い取り次々に実現化しています。『The Language of Flowers』も元々はFOX2000が企画開発を行っていたものです。