Home 海外NEWS レイク・ベル、サイモン・ペグがプロデュースするキューティー映画でヒロインに

レイク・ベル、サイモン・ペグがプロデュースするキューティー映画でヒロインに

レイク・ベル、サイモン・ペグがプロデュースするキューティー映画でヒロインに
0

lake-bell-man-up_00『抱きたいカンケイ』『恋するベーカリー』で脇を固めていたレイク・ベルが主演のイギリス産キューティー映画が制作されるようです。プロデュースはサイモン・ペグの会社が担当します。


新作タイトルは『Man Up』。「男ならしっかりしなさい!」という意味ですね。
レイク・ベル演じるシングルのヒロインが、実家で行われる両親の結婚記念日のために、自慢できる彼氏を見つけて行こうとブラインドデートをするものの、変な男と会ってしまい…という内容のようです。

監督はイギリスの人気ドラマ「Inbetweeners」と、その映画版『The Inbetweeners Movie』監督ベン・パーマ。
「Inbetweeners」は男子高校生4人組の下品でエッチなドタバタを描いたコメディでイギリスでは人気のあるシリーズ。映画版は2011年に公開されイギリスで大ヒットを記録しています。

プロデュースにサイモン・ペグが属する製作会社Big Talk Productionsが担当します。サイモン・ペグ自体がこの映画に参加するかどうかは現在未定です。
撮影は来年1月から開始されます。

レイク・ベルは今年、自身が監督・脚本・主演の、映画ナレーターを題材にしたコメディ『In The Word』が公開されました。
[cptr]
どこかの日本の配給会社さん、『In The Word』を買い付けて公開してくれませんか?絶対面白いと思うんです!