Home 海外NEWS クリステン・ウィグ&アニー・マモロー『ブライズメイズ』コンビによる新作でクリステン初監督

クリステン・ウィグ&アニー・マモロー『ブライズメイズ』コンビによる新作でクリステン初監督

クリステン・ウィグ&アニー・マモロー『ブライズメイズ』コンビによる新作でクリステン初監督
0

kristen-annie-new-movie_00kristen-annie-new-movie_00クリステン・ウィグ&アニー・マモローといえば、『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』のヒロインと、旅客機で隣に座った心配性の女性…なのですが、それだけではなく『ブライズメイズ』の脚本コンビです。その脚本コンビによる新作企画が立ち上がりました。


2011年にアメリカで公開された『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』は大ヒットしただけではなく、その後のキューティー映画の流れを変えた作品です。女性の心情をコミカルに描くだけでなく、リアルに描きました。

新作企画はまだタイトルなど詳細は不明ですが、『ブライズメイズ』とはまた異なる形で女の親友同士の話になる模様。今回の企画はクリステン・ウィグにとって初監督作品となる予定です。

相棒のアニー・マモローは2015年クリスマス公開の、ジェニファー・ローレンス&デヴィッド・O・ラッセル監督コンビの新作、テレビショッピングで成功した女性を描く映画『Joy』の脚本を担当しています。