Home 海外NEWS シーア初監督・脚本『Sister』主演のケイト・ハドソンが役作りのために髪をバッサリ

シーア初監督・脚本『Sister』主演のケイト・ハドソンが役作りのために髪をバッサリ

シーア初監督・脚本『Sister』主演のケイト・ハドソンが役作りのために髪をバッサリ
4

歌手のシーア初監督・脚本となる『Sister』で主演を務めるケイト・ハドソンが役のために髪をベリーショートにしました。その写真が彼女のインスタグラムにアップされています。


シーア初監督・脚本による『Sister』の全容は明らかにされていませんが、8年前にシーアが1枚の紙に書いたショートストーリーが元になっていることのことで、シーアだけに音楽映画かミュージカル映画になることは確実のようです。ケイト・ハドソンがダンスのレッスンをしていること、さらに共演者にシーアのPVでおなじみの現在14歳となるダンサー、マディー・ジーグラーが出演することから、ダンス映画かミュージカル映画の可能性が高いと思われます。

ケイト・ハドソンは、先月撮影のために髪をベリーショートにしたようですが、これまで自身のインスタグラムなどでもセルフィーでは巧妙に髪の毛を隠していました。

そして、今回初めて自身のベリーショートヘアー姿をロングショットですが披露しています。

こちらはつい先程アップされた姿です。


そしてこれが撮影中に撮られた写真です。ほぼ丸坊主ですね。