Home 海外NEWS ミラ・クニス&チャニング・テイタム共演ウォシャウスキー姉弟監督最新作『ジュピター』最新予告編

ミラ・クニス&チャニング・テイタム共演ウォシャウスキー姉弟監督最新作『ジュピター』最新予告編

ミラ・クニス&チャニング・テイタム共演ウォシャウスキー姉弟監督最新作『ジュピター』最新予告編
0

jupiter-ascending-new-trailer_00『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー姉弟監督最新作、ミラ・クニスがヒロイン、チャニング・テイタムが彼女を守る兵士というSFロマンスのキューティー映画『ジュピター』の最新予告編が公開されました。


『ジュピター』はエイリアンによって管理された未来の地球が舞台。遺伝子操作された元兵士(チャニング・テイタム)が、宇宙の運命を変えてしまう遺伝子を持つ人間の女性”ジュピター”(ミラ・クニス)を守るため戦うというお話です。
『レ・ミゼラブル』マリウス役のエディ・レッドメイン、ダグラス・ブース、ショーン・ビーンらも出演しています。

当初、今年の7月18日に全米公開される予定でした。日本公開も10月11日に決まっていました。日本版の公式サイトもあります。
しかし膨大な数のSFXショットが不完全という理由で公開日が2015年2月6日に延期されました。(日本公開日は未定)

最近、スペースオペラの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』、戦うヒロインの『ルーシー』などSFの各ジャンルが復興している感があるのですが、本作は「秘めた力を持つヒロインと彼女を守る男」というSFロマンスの王道的作品です。

ただ今の時代、この手のお話で求められるヒロイン像は、以前のただ守られるべきキャラクターから自ら運命を切り開くキャラクターに変わっています。
今回の新しい予告編も以前の予告編に比べてその辺を意識してか、ミラ・クニス演じるヒロイン感を強調する編集になっています。予告編ではたぶん実際はメインであろう男性キャラたちを「ヒロインを取り巻く男たち」という風に見せています。

予告編の遍歴を見てみるとなかなか興味深いです。

チャニング・テイタムがメインの、夏のSFアクション大作感がある最初期の予告編です。

これは2月公開に変更されてからすぐの予告編。公開時期がバレンタインデーに近いということもありミラ・クニスがメインになっています。

最新予告編。ミラ・クニスのヒロイン感を強調するものに。彼女とそれを取り巻く人々という風になっています。