Home 海外NEWS ジュリア・ロバーツ、モンスター・ペアレンツにはめられたPTA会長を演じることに

ジュリア・ロバーツ、モンスター・ペアレンツにはめられたPTA会長を演じることに

ジュリア・ロバーツ、モンスター・ペアレンツにはめられたPTA会長を演じることに
0

ジュリア・ロバーツが、モンスター・ペアレンツによって麻薬所持の濡れ衣を着せられ逮捕され社会的地位を失ってしまったPTA会長の女性の戦いを描く実話に基づくルポ本の映画化で主役を演じることになりそうです。


カリフォルニア、オレンジカウンティに住むケリー・ピーターズさんは娘の通う学校でPTAの会長をして、ボランティアとして学校で子どもたちの送り迎えを見送っていました。ある日、6歳の男の子が1人泣いていました。男の子を遅れて迎えに来た母親のジル・イースターは、息子を1人学校の外で置きざりにしていたとしてケリーさんに怒りをぶつけます。
そして怒りが収まらないジルは夫と共に学校に猛抗議し、とうとうケリーさんを学校から締め出します。
しかし、それに飽き足らずイースター夫妻はケリーさんの車に麻薬をこっそり置いて警察に通報。ケリーさんは逮捕され社会的地位も奪われてしまいます。最終的に冤罪であることがわかり、ケリーさんは夫婦を訴え勝利します。
julia-roberts-pta-mom_01ケリー・ピーターズさん
julia-roberts-pta-mom_02イースター夫妻

この一連の事件について、今年の9月に「”I’ll Get You!” Drugs, Lies, and the Terrorizing of a PTA Mom」というタイトルの本が出版されました。著者はLAタイムズの記者とケリー・ピーターズ本人です。

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)


この映画化企画でジュリア・ロバーツが主演のケリー・ピーターズさんを演じことになりそうです。彼女はプロデューサーとしても参加する予定です。