Home 海外NEWS ハーレイ・クインとジョーカーの狂気の愛を描く新作企画に『ラブ・アゲイン』監督コンビ

ハーレイ・クインとジョーカーの狂気の愛を描く新作企画に『ラブ・アゲイン』監督コンビ

ハーレイ・クインとジョーカーの狂気の愛を描く新作企画に『ラブ・アゲイン』監督コンビ
0

『スーサイド・スクワッド』に登場した、ハーレイ・クインとジョーカーの恋人関係を描く映画の企画が浮上しました。監督・脚本を『アメリカン・レポーター』『フォーカス』『ラブ・アゲイン』のグレン・フィカーラ&ジョン・レクアが担当するようです。


ワーナーとDCコミックスススによる「DCエクステンデッド・ユニバース」関係は、現在、企画の立て直しが進められていて、正史と外伝の企画が入り乱れて発表されたり噂になったりしています。

ハーレイ・クインを中心に整理してみましょう。

まず初登場は『スーサイド・スクワッド』。ここでマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインは、ジャレッド・レト演じるジョーカーの恋人として登場し人気となります。

『スーサイド・スクワッド』は内容的には酷評だったものの興行的には大ヒットとなり、すぐ続編の『スーサイド・スクワッド 2』の企画開発が始まります。
監督はデビッド・エアーは再登用されず、『ロスト・バケーション』のジャウム・コレット=セラになります。しかしジャウム・コレット=セラは降板。現在監督未定です。

一方でマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインを中心とした、DCコミックススの女性キャラたちが集結する『Gotham City Sirens』の企画が立ち上がります。
この企画はマーゴット・ロビーの所属する企画製作会社で企画開発されており、監督に『スーサイド・スクワッド』のデビッド・エアーが決定していました。

マーゴット・ロビーを中心に進められている、『スーサイド・スクワッド』で彼女が演じたハーレイ・クインが主演のDCコミックスススの女性キャラクターたちメインの映画『Gotham City Sirens(ゴッサムシティ・サ...

しかし、どうも最近デビッド・エアーがこの企画から降板したのではないか?という噂になっています(現在公式発表はなし)。

それに則って、今回出てきた、ハーレイ・クインとジョーカーの恋人関係を描く企画が、デビッド・エアー降板後の『Gotham City Sirens』の改変されたものではないか?という憶測があります。

今回の企画が『Gotham City Sirens』とは別のものなのか、それとも噂通り『Gotham City Sirens』をハーレイ・クインとジョーカーの恋人関係をメインにすえた改変版なのかはまだ不明です。今後の正式発表に注目です。

『アメリカン・レポーター』『フォーカス』『ラブ・アゲイン』と、キューティー映画テイストながらちょっと変則的なものを手がけてきたグレン・フィカーラ&ジョン・レクアの監督チームは、『アメリカン・レポーター』『フォーカス』でマーゴット・ロビーを続けて起用しています。

ハーレイ・クィーン出演作の新作映画はマーゴット・ロビー主導で企画開発が行われていることを考えると、この監督コンビがマーゴット・ロビーによって選ばれた可能性もあります。

いずれにせよ、狂気の犯罪者カップルを描く今回の企画は、公開の順番的には2019年公開予定の『スーサイド・スクワッド 2』後を予定しているそうです。