Home 海外NEWS クリント・イーストウッド監督ミュージカル映画『Jersey Boys』、最初の公式イメージが到着

クリント・イーストウッド監督ミュージカル映画『Jersey Boys』、最初の公式イメージが到着

クリント・イーストウッド監督ミュージカル映画『Jersey Boys』、最初の公式イメージが到着
2

jersey-boys-first-image_00クリント・イーストウッド監督によるブロードウェイ・ミュージカルの映画化『Jersey Boys』、映画の最初のイメージ画像が到着しました。


1960年代に実在し、「君の瞳に恋してる」「シェリー」などの大ヒット曲で知られる4人組コーラスグループ「フォー・シーズンズ」の結成、成功、解散を描くミュージカル映画です。
「フォー・シーズン」は一般的には「フランキー・ヴァリ&フォー・シーズン」のバンド名の方が有名かもしれません。
初期のヒット曲「シェリー(Sherry)」

1975年ディスコブームの頃ヒットした「愛はまぼろし(Who Loves You)」

1976年発表の「1963年12月(あのすばらしき夜) (December,1963 (Oh,What a Night))」はチャートで1位になりヒットしました。この曲はメインボーカルがフランキー・ヴァリではなくドラムも担当していたジェリー・ポルチです。

映画でフォー・シーズンズを演じるのはジョン・ロイド・ヤング、エリック・ベルゲン、ヴィンセント・ピアッツァ、マイケル・ロメンダ…と、ほぼ映画俳優としては無名に近い人たちです。出演者の多くが舞台版からそのまま以降してきているという珍しいキャスティングの映画です。
こちらが映画版フォー・シーズンズの画像です。
jersey-boys-first-image_01
通常、ミュージカルを映画化する際は全世界向けに興行ヒットを狙うので、配役が有名映画俳優や有名歌手などに代わります。今回のように映画と舞台の配役が同じなのは非常に珍しいです。製作会社はギャランティが安くてすむのでOKを出したのでしょうか?

クリント・イーストウッドの音楽映画はジャズ演奏者チャーリー・パーカーを描いた『バード』以来。ミュージカル映画は初です。どんな演出をするのか楽しみです。

全米では6月20日公開です。