Home 海外NEWS クリステン・スチュワート、ローラ・ダーン共演、J.T.リロイ騒動を描く『Jeremiah Terminator LeRoy』の公式スチール公開

クリステン・スチュワート、ローラ・ダーン共演、J.T.リロイ騒動を描く『Jeremiah Terminator LeRoy』の公式スチール公開

クリステン・スチュワート、ローラ・ダーン共演、J.T.リロイ騒動を描く『Jeremiah Terminator LeRoy』の公式スチール公開
0

12歳から男娼をしていたことを自伝として発表し話題となったトランスジェンダーのJ.T.リロイ。しかし彼は実は作られた人物で、彼の自伝は女性作家による創作でした。その騒動を描くクリステン・スチュワート、ローラ・ダーン共演『Jeremiah Terminator LeRoy』の公式スチール写真が公開されました。


J.T.リロイという少年はドラックや男にだらしない母親に強制され、12歳から女装をして男娼として生きてきました。そんな彼が18歳の時に出した自伝「サラ、神に背いた少年」は世間に衝撃を与えベストセラーに。2作目小説「サラ、いつわりの祈り」は映画化されます。
しかしこのJ.T.リロイは、売れないヤオイ小説作家(今なら日本風に言えば「BL作家」と呼ぶべきでしょうか)ローラ・アルバートが自身の小説を売り込むために創作した人物で、リロイを義妹サヴァンナ・クヌーが演じていました。彼女たちは当時の自称先鋭的なセレブたちに祭り上げられ時の人となっていきます。この騒動を描きます。

J.T.リロイをクリステン・スチュワートが、ローラ・アルバートをローラ・ダーンが演じます。
監督・脚本は『アイ・アム・マイケル』ジャスティン・ケリー。

本作は9月8日から開催されるトロント国際映画祭でプレミア上映されます。今回、初めて公式スチール写真が公開されました。

こちらが当時の本人たちです。

ちなみに、当サイトはドキュメント映画『作家、本当のJ.T.リロイ』公開時に来日したローラ・アルバート本人にインタビューしています。腐女子についても語っています。

『作家、本当のJ.T.リロイ』は、90年代にアメリカのセレブ界を巻き込んで大騒ぎとなった、架空作家J.T.リロイ捏造事件の張本人、女性作家ローラ・アルバートのインタビューを中心に、当時の関係者の証言や資料を...