1. Home
  2. 海外NEWS
  3. ジェニファー・ローレンス、共演者クリス・プラットの身勝手な自撮りに怒り爆発

ジェニファー・ローレンス、共演者クリス・プラットの身勝手な自撮りに怒り爆発

ジェニファー・ローレンス、共演者クリス・プラットの身勝手な自撮りに怒り爆発
0

ジェニファー・ローレンスが全米で12月21日公開のSFロマンス大作『パッセンジャー』の宣伝のために出演した番組で、共演者のクリス・プラットがアップした自撮り写真に腹を立て、ある方法で復讐するという、とっても楽しい一幕がありました。


米ABCで放映されている、トーク番組「ジミー・キンメル・ライブ」に自身が主演したSFロマンス映画『パッセンジャー』の宣伝のためゲスト出演したジェニファー・ローレンス。司会者のジミー・キンメルから、映画で共演したクリス・プラットが『パッセンジャー』の宣伝活動の合間にツイッターなどにアップしている自撮り写真をジェニファーに見せます。

どの写真もジェニファーの顔が見切れていたり、顔を隠されているものばかり。怒ったジェニファーはスプレーを持ってスタジオを飛び出し、『パッセンジャー』の一面広告がされている観光バスを止めて、あろうことか『パッセンジャー』のポスターのクリス・プラットの顔に落書き。さらにタイトルの『Passengers』の文字をいじったり、クリスの名前をいじったりやりたい放題(笑)その中で、ちゃっかり自分の写真にはハートマークを描くジェニファー・ローレンスがかわいいです。
その動画です。英語がわからなくても十分笑えます。

タイトルをいじるとか普通ありえませんし、タイトルを悪い言葉に改変したりとか、もっとありえません。「褒めること以外一切お断り」の日本の宣伝では絶対にありえない素晴らしい宣伝方法です。

『パッセンジャー』はジェニファー・ローレンスとクリス・プラットという、今最も稼ぐ男女俳優2人をキャスティングしたSFロマンス大作ですが、予告編を見ても既視感のあるSFアクション大作にしか見えず、話題作や大作が並ぶこの時期公開の大作映画としては今ひとつ特徴が明確に提示されていませんでした。今回のようなお遊び・おふざけをする主演俳優たちの魅力で映画を宣伝するのは、この映画の特徴の1つを明確に示しています。

『パッセンジャー』は日本公開が2017年3月24日(金)で決定しています。日本でもこれくらい、はっちゃけた宣伝展開を期待したいところですが…