Home 海外NEWS ジェニファー・アニストン、『バッド・ママ』STXフィルムズの新作キューティー映画で主演

ジェニファー・アニストン、『バッド・ママ』STXフィルムズの新作キューティー映画で主演

ジェニファー・アニストン、『バッド・ママ』STXフィルムズの新作キューティー映画で主演
0

ジェニファー・アニストンが、『バッド・ママ』の大ヒット後キューティー映画専門にシフトしている製作会社STXフィルムズの新作企画で、日々の生活に疲れ若い頃の輝きを取り戻そうとするヒロインを演じます。


女流監督ソフィー・グッドハートが監督・脚本を手がけるタイトル未定の新作企画は、やることに追われて日々を消耗している郊外に住むカップルが、若い頃の輝きや楽しみを取り戻そうと長距離の旅に出るというお話になるようです。

ジェニファー・アニストンとSTXフィルムズは初顔合わせではありません。すでに企画開発中のものに、ジェイソン・ベイトマンと共演する『Significant Other』があります。
こちらのジェニファー・アニストンの役は、大手企業のCEOに採用一歩手前まで来ている有能なキャリアウーマン。採用する会社側は事前の身元調査で彼の夫と面接しようとしますが、ジェイソン・ベイトマン演じる彼女の夫はグータラで引きこもり…というコメディです。

当サイトでは何度も書いているのですが、STXフィルムズは『バッド・ママ』の大ヒット以降、キューティー映画で人気の女優やクリエーターを主軸にしたキューティー映画企画を連発していて、完全にキューティー映画の製作配給会社にシフトした感があります。(『エッジ・オブ・セブンティーン』『キミとボクの距離』もSTXフィルムズ製作)
最近だけでもこれだけの企画開発を進めています。

『バッドママ』の大ヒットで製作する映画の大半がキューティー映画となったSTXエンタテインメントで、アン・ハサウェイが主演のキューティー映画が製作されます。STXエンタテインメントは、ヘイリー・スタインフ...

『バッドママ』の大ヒット以来、すっかりキューティー映画企画目白押しになっているSTXエンタテインメントが、今度はジェニファー・ロペス主演で、大型スーパーで働いていたヒロインが夢をつかもうとする『Second...

『ワタシが私を見つけるまで』『君への誓い』『バレンタインデー』『そんな彼なら捨てちゃえば?』『25年目のキス』…キューティー映画の名脚本コンビ、アビー・コーンとマーク・シルヴァースタイン初監督作、エイ...

STXフィルムズをキューティー映画にシフトさせた『バッド・ママ』の続編『A Bad Moms Christmas』は11月3日に全米公開です。
ミラ・クニス、クリステン・ベル、キャスリン・ハーン共演、子育てに疲れたママたちの本音を描いて大ヒットした『バッド・ママ』の続編、『A Bad Moms Christmas』の特報が公開されました。今度はクリスマスの準...