Home 海外NEWS アカデミー助演男優賞は?原作映画『Palo Alto』が公開決定。ジェームズ・フランコの今

アカデミー助演男優賞は?原作映画『Palo Alto』が公開決定。ジェームズ・フランコの今

アカデミー助演男優賞は?原作映画『Palo Alto』が公開決定。ジェームズ・フランコの今
0

james-franco-now_00俳優ジェームズ・フランコのここ最近の活躍は目覚ましいものがあります。脇役を怪演、映画原作、映画監督…多才ぶりを発揮しています。そんな彼の周辺の動きを追ってみました。


『スパイダーマン』の友人であり敵である役で一躍有名になり、『オズ はじまりの戦い』で堂々の主役を演じヒットさせた彼は、メジャー俳優のイメージに留まることなく、今度は『スプリング・ブレイカーズ』で一転全身刺青だらけで銀歯だらけの怪しい麻薬ディーラー役を演じて話題になりました。

『スプリング・ブレイカーズ』の配給会社「A24」という会社が、ジェームズ・フランコをアカデミー賞助演男優賞候補に!というキャンペーンをはじめました。
プロモーション映像です。

『スプリング・ブレイカーズ』での彼の演技は非常に好評でした。果たしてアカデミー賞ノミネートとなるでしょうか?

一方、ヴェネツィア国際映画祭、コロラド州テルライド映画祭、トロント国際映画祭などで上映されてきた、ジェームズ・フランコが原作の『Palo Alto』も配給先が決まり2014年公開予定となりました。

『Palo Alto』は監督・脚本がフランシス・F・コッポラの孫でソフィア・コッポラの姪にあたるジア・コッポラのデビュー作。
カリフォルニアの町パロ・アルトを舞台に、10代の若者に関する3つのお話が進行していきます。
出演はジェームズ自身に、エマ・ロバーツ、ジャック・キルマー(ヴァル・キルマーの息子)、TVドラマ「ネイキッド・ブラザーズ・バンド」ナット・ウォルフ、ゾエ・レヴィンといった面々。息子が出ているからか、お父さんのヴァル・キルマーも出ています。

役者としても様々な役に果敢に挑戦し、映画原作を手がけ、さらに『ノーカントリー』原作者コーマック・マッカーシーの小説を映画化した『Child of God』では監督と、多才ぶりを発揮しているジェームズ・フランコ。

しかし、彼がどんなに多才で、どんなに偉くなっても、彼のデビュー作はキューティー映画『25年目のキス』であることをお忘れなく!
[cptr]