Home 海外NEWS 「セックス・アンド・ザ・シティ」復活?同じ作者による新作が出版。ドラマの企画開発もスタート。

「セックス・アンド・ザ・シティ」復活?同じ作者による新作が出版。ドラマの企画開発もスタート。

「セックス・アンド・ザ・シティ」復活?同じ作者による新作が出版。ドラマの企画開発もスタート。
0

「セックス・アンド・ザ・シティ」の原作者キャンディス・ブシュネルが、全米で8月6日に新著「Is There Still Sex in the City?」を出版します。それを元にしたドラマの企画開発もスタートします。


「Is There Still Sex in the City?」はニューヨークに住む50歳以上の女性たちを中心とした恋愛やライフスタイルを描きます。「セックス・アンド・ザ・シティ」の続編というより、同じコンセプト、という風に捉えるのが正解でしょうか?

この本を元に、原作者であるキャンディス・ブシュネルが原案・脚本で、パラマウント・テレビジョンがドラマシリーズの企画開発を行う予定です。

ただし、キャンディス・ブシュネル原作のドラマ化はいずれも今ひとつで終わっています。
「リップスティック・ジャングル」は2シーズンで終了。「セックス・アンド・ザ・シティ」の前史である「マンハッタンに恋をして~キャリーの日記~」もシーズン2で終了。パッとしません。

「マンハッタンに恋をして~キャリーの日記~」にせよ大ヒット作の「セックス・アンド・ザ・シティ」にせよ、実はキャンディス・ブシュネルの原作はほとんどコンセプトで使う程度に留まっており、ドラマ化の際はスタッフによってストーリーなどがかなり改変されています。
今回もドラマの製作総指揮(監督・ショーランナー)が誰になるかが鍵でしょう。まずは原作本が出版されて、その評価に注目です。