Home 海外NEWS ケリー・ワシントン、『ベストマン』シリーズ監督の新作でヒロインに。

ケリー・ワシントン、『ベストマン』シリーズ監督の新作でヒロインに。

ケリー・ワシントン、『ベストマン』シリーズ監督の新作でヒロインに。
0

is-he-the-one-kerry-washington_00『ジャックはしゃべれま1,000』『ジャンゴ 繋がれざる者』『セックス・アンド・ザ・バディ』に出演していたケリー・ワシントン主演の、ヒロインの結婚相手が誰かを探っていくという内容のキューティー映画が制作されるようです。


『Is He The One』というタイトルが付いた新作企画、ヒロインが結婚式でウェディングロードを新郎に向かって歩くところから物語はスタートします。そこから物語は一旦過去に戻り、ヒロインを取り巻く3人の男性とのお話が描かれいきます。さて、その3人の中から誰が冒頭の新郎になったのでしょう?となる内容のようです。

2013年末に、1999年作『ベストマン』の14年ぶりに同じキャストを揃えて作られた続編『The Best Man Holiday』を大ヒットさせた、パート3の準備に入っているマルコム・D・リー(スパイク・リーの従兄弟です)が監督を努めます。

脚本は、クリステン・ウィグが40歳のダメ女子ヒロインを演じた『Girl Most Likely』のミシェル・モーガン。彼女は現在準備中の『LEGO(R)ムービー』の続編の脚本も担当します。

ここ最近のアメリカでは、黒人キャストによる大人のキューティー映画はヒットする傾向にあり、メインジャンルとなりつつあります。『Is He The One』もその中に加わるか注目です。