Home 海外NEWS エレン・ペイジ&エヴァン・レイチェル・ウッド共演『Into the Forest(原作邦題:森へ – 少女ネルの日記)』北米配給決定

エレン・ペイジ&エヴァン・レイチェル・ウッド共演『Into the Forest(原作邦題:森へ – 少女ネルの日記)』北米配給決定

エレン・ペイジ&エヴァン・レイチェル・ウッド共演『Into the Forest(原作邦題:森へ – 少女ネルの日記)』北米配給決定
0

into-the-forest-a24-directv_00エレン・ペイジとエヴァン・レイチェル・ウッドが姉妹役で共演する近未来サバイバルもの『Into The Forest(原作邦題:森へ – 少女ネルの日記)』の北米配給が決まりました。A24とディレクTVの共同です。


『Into The Forest』は、バレリーナをめざす一歳上の姉と両親と共に森で暮らしているネルがヒロイン。しかし母が亡くなった頃から、ライフラインが不能となります。どうやら大きな戦争が起きたらしいと噂が立つのですがよく分かりません。家族3人は森の中で何とか自活していくのですが、そのうち父が亡くなり、2人きりになってしまった姉妹は、自分たちだけで生きのびていこうとする…というお話です。

森へ―少女ネルの日記 (Hayakawa novels)

森へ―少女ネルの日記 (Hayakawa novels)書籍

作者ジーン ヘグランド

クリエーターJean Hegland, 山本 やよい

発行早川書房

発売日1997-10

カテゴリー単行本

ページ数364

ISBN4152081139

Supported by amazon Product Advertising API

主人公のネルをエレン・ペイジが、姉をエヴァン・レイチェル・ウッドが演じます。マックス・ミンゲラ、カラム・キース・レニーらが共演。監督・脚本は『キット・キトリッジ アメリカン・ガール・ミステリー』パトリシア・ロゼマ。

「森へ – 少女ネルの日記」エレン・ペイジ&エヴァン・レイチェル・ウッドで映画化

『Into The Forest』は現地時間19日にトロント国際映画祭でプレミア上映がされた後、具体的な上映日程などが決まる模様です。

独立系配給会社のA24は米ディレクTVは去年から提携をしていて、これまでも『ライフ・アフター・ベス』『ベアリー・リーサル』などキューティー映画を共同で配給していて、ディレクTVで先行有料放送をしてから、映画館で上映、すぐにVODというスタイルをとっています。本作も同様のパターンになりそうです。