Home 海外NEWS ジミーチュウ創設者の半生記『In My Shoes』が映画化

ジミーチュウ創設者の半生記『In My Shoes』が映画化

ジミーチュウ創設者の半生記『In My Shoes』が映画化
0

ジミーチュウの創設者の1人、タマラ・メロンの半生を綴った「In My Shoes: A Memoir」の映画化が企画されています。


ジミーチュウはマレーシア出身の靴職人ジミー・チュウとイギリス版ヴォーグ編集者タマラ・メロンによって1996年にイギリスで設立され、今や靴だけに留まらず様々なファッション小物を手掛ける有名ブランドとなっています。
「セックス・アンド・ザ・シティ」のヒロイン、キャリー憧れの靴としてたびたび劇中に登場したりしていました。

創設者のタマラ・メロンが2013年に自身の半生を綴った「In My Shoes: A Memoir」を出版しました。

In My Shoes: A Memoir

In My Shoes: A Memoir書籍

価格¥ 3,572

作者Tamara Mellon, William Patrick

発行Portfolio

発売日13.10.01

カテゴリーハードカバー

ページ数288

ISBN1591846161

Supported by amazon Product Advertising API

今回、その本を原作として映画化を企画しているのは、『ブリジット・ジョーンズ』シリーズなどを手掛けるワーキング・タイトル・フィルムズ。脚本はローラ・ソロン。彼女は今年の12月公開、ジェニファー・アニストン主演のアンサンブル・コメディ映画『Office Christmas Party』の脚本も手がけています。

ジェニファー・アニストンとジェイソン・ベイトマンがまたまた組むコメディ映画『Office Christmas Party』のクリスマス時期の公開が決定しました。ケイト・マッキノン(『ゴーストバスターズ』)、T・J・ミラー...

映画の内容はタマラ・メロンの半生の中でも、やはりジミーチュウ設立が中心になると思われますが、タマラ・メロンは2011年自分の持ち株を全て売却し、ジミーチュウを離れ自分の名前のブランド「タマラ・メロン」を立ち上げるものの、去年12月に倒産しています。
その前から古巣ジミーチュウとはバトルを繰り広げており、良好な関係ではありません。