Home 海外NEWS ライバルを襲ったスケーター、トーニャ・ハーディングをマーゴット・ロビーが演じる『I, Tonya』の北米配給決定

ライバルを襲ったスケーター、トーニャ・ハーディングをマーゴット・ロビーが演じる『I, Tonya』の北米配給決定

ライバルを襲ったスケーター、トーニャ・ハーディングをマーゴット・ロビーが演じる『I, Tonya』の北米配給決定
0

1994年、ライバルを夫に襲わせ怪我をさせたフィギュアスケートの元オリンピック代表選手、トーニャ・ハーディングをマーゴット・ロビーが演じる『I, Tonya』の北米配給をミラマックスが手がけることがわかりました。


トーニャ・ハーディングは1991年、女子として史上2人目となるトリプルアクセルを成功させ、オリンピックの代表選手にも選ばれ、アメリカの頂点に立っていた勝ち気なフィギュアスケーターでした。

そんな彼女がスランプになっていた1994年、トーニャの地位を脅かすライバル、ナンシー・ケリガンが全米選手権の会場で何者かに襲われ怪我をしてしまうという事件が起こりました。
その結果、全米選手権はトーニャ・ハーディングが優勝。再びオリンピックの出場を果たします。しかしナンシー・ケリガンを襲撃したのがトーニャの元夫で、襲撃はトーニャの指示によるものとわかり、彼女は逮捕されスケート界から追放されます。
その後、格闘家になったり新しい夫に暴行したりと色々とゴシップを提供してきました。彼女自身、お金のかかるスケートをするために身を削って応援していた家族と彼女の成功後に金で揉めたり、色々と苦労人な側面もあります。

そんな彼女の半生を映画化します。トーニャ・ハーディングをマーゴット・ロビーが演じます。

1994年、フィギュアスケート界を震撼させた「ナンシー・ケリガン襲撃事件」の中心人物であり、彼女のライバル、そしてオリンピックのアメリカ代表でもあったトーニャ・ハーディングを描く『I, Tonya』で、マーゴ...

監督は『ラースと、その彼女』クレイグ・ガレスピー、脚本は『P.S.アイラヴユー』、そして『ニューヨークの恋人』の原作・脚本を手がけたスティーブン・ロジャース。

今回、ミラマックスが配給を担当するということで、この企画は開発段階から制作に移ります。『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クインで人気女優となったマーゴット・ロビー主演ということで、今後の推移に注目していきたいと思います。