Home 海外NEWS 11/20全世界同時公開『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』、カウントダウン北米CM

11/20全世界同時公開『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』、カウントダウン北米CM

11/20全世界同時公開『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』、カウントダウン北米CM
0

hunger-games-mockingjay-p2-tv-cm_00『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が12月18日全世界で同時公開されるのが話題ですが、その約1ヶ月前となる11月20日に、「女の子のためのスター・ウォーズ」である『ハンガー・ゲーム』シリーズ最終章『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』が全世界同時に公開されます。北米では現在毎日カウントダウンを示すTVCMを放送中です。


「女の子のスター・ウォーズ」というフレーズは1987年公開の『ダーティ・ダンシング』の時に使われたものですが、ユニセックスが進んだ今、そういうのも関係なくなりました。今回ご紹介する北米向けTVCMでは毎日日替わりで公開日までをカウントダウンを告知していますが、大掛かりなアクションシーンをメインに、超大型映画として紹介しています。

しかし『ハンガー・ゲーム』シリーズの大ヒットはトゥイーン、ティーンの圧倒的な支持をバックにしているのは事実です。今後3日前、2日前…とどのようなCMが公開されるか注目です。

前作『ハンガー・ゲーム FINAL: レジスタンス』は2014年に公開された映画では2位の興行成績となっています(1位『アメリカン・スナイパー』)。しかもこの成績は、客単価が高いため興行収益に大きな影響を与えるIMAX版、3D上映なしでの成績です。IMAX版の上映がなかったのは、2014年の同時期に『インターステラー』が上映されていて、IMAXのスクリーンは全てそちらに押さえられていたためです。
しかし今回はIMAX版、IMAX3D版も勢揃いの上映体制です。どれだけの興行成績でスタートするのか想像もつきません。

現地はまだ16日なので、TVCMも公開4日前となっています。
まず、これが基本形のCMです。

以下、微妙に違うカットがそれぞれ挿入されています。そして注目は本編映像の上からキャッチコピーの文字を乗せるのではなく、本編映像にキャッチコピーの文字が組み込まれていることです。手間かかっています。