1. Home
  2. 海外NEWS
  3. 米初の有人宇宙飛行計画を陰で支えた黒人女性たちを描く『Hidden Figure』全米週末興収1位に

米初の有人宇宙飛行計画を陰で支えた黒人女性たちを描く『Hidden Figure』全米週末興収1位に

米初の有人宇宙飛行計画を陰で支えた黒人女性たちを描く『Hidden Figure』全米週末興収1位に
0

昨日、拡大公開で一気に全米の週末興行成績で2位に浮上したとお伝えした、60年代にアメリカ初の有人宇宙飛行計画「マーキュリー計画」を陰で支えた黒人女性たちを描いた『Hidden Figure』が、最終集計の結果『ローグワン スターウォーズ・ストーリー』を抜いて1位となりました。


今週末の全米興行成績は、一般的に集計され発表される日曜日午前の段階で去年公開以来3週連続1位の『ローグワン スターウォーズ・ストーリー』が1位、『Hidden Figure』が2位でした。

60年代、アメリカ初の有人宇宙飛行計画「マーキュリー計画」を陰で支えた黒人女性たちを描く、昨年末に公開された『Hidden Figures』が、拡大公開で一気に全米週末興行成績2位に躍り出ました。60年代、NASAはテキサス州にありましたが、当時アメリカ南部には有色人種の一般公共施設の利用を禁止制限した人種差別法「ジム・クロウ法」がありました。そのため、タラジ・P・ヘンソン、オクタヴィア・スペンサー、ジャネール・モネイたちが演じる計算力がずば抜けている黒人女性たちも白人から隔離されて仕事をしていました。『Hidden Figu...

しかし日曜午後から『Hidden Figure』の動員が圧倒的な伸びを見せて、最終的に『ローグワン スターウォーズ・ストーリー』(4157スクリーン)が2210万ドル、『Hidden Figure』(2471スクリーン)が2280万ドルとなり、『Hidden Figure』の全米週末興収1位が確定しました。

2016年12月25日に全米25スクリーンで限定公開され、18位スタートだった『Hidden Figures』は、公開3週目となる1月6日に2471スクリーンの拡大公開。一気に1位です。
観客は30代以上の女性層が中心です。