Home 海外NEWS DCコミック、ハーレイ・クインを中心とした女性キャラクターたちの映画を企画

DCコミック、ハーレイ・クインを中心とした女性キャラクターたちの映画を企画

DCコミック、ハーレイ・クインを中心とした女性キャラクターたちの映画を企画
0

DCコミックススとワーナーがキューティー映画に舵を切り直しました。全米で8月5日、日本で9月10日に公開されるヴィランたちを描いた『スーサイド・スクワッド』の人気キャラクター、ハーレイ・クインを含むDCコミックススの女性キャラクターたちが登場する映画を企画しています。


『スーサイド・スクワッド』に登場するマーゴット・ロビー演じるハーレイ・クインは公開前からすでに人気キャラクターとなっています。

今回の企画にハーレイ・クインが中心となるのは決定しており、マーゴット・ロビーは出演のほか、プロデューサーにも名前を連ねるようです。
監督、脚本ともにまだ不明です。マーゴット・ロビー、当たり役を手に入れました。
harley-quinn-spin-off_01
DCコミックスス2大人気ヒーロー共演の『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』は、多額の宣伝費と製作費を投入したのに大ゴケ。この作品をきっかけに、ここ数年、ディズニー&マーベルのように大掛かりな映画展開を行う予定のワーナーはあわてて軌道修正を行っています。

昨年からDCコミックススは、ワンダーウーマン、スーパーガール、バットガール、ハーレイ・クイン、バンブルビー、ポイズン・アイビー、カタナなど、DCコミックススに出てくる女性キャラクターたちが一同に介した、トゥイーン向けの「DC スーパーヒーローガールズ」というブランドをすでに展開していて、一定の成功をおさめています。
この企画をティーン層も視野に入れて、TVドラマや映画化など、より大きく進めていく計画が2月あたりに語られていました。
今回の企画はビジネス的にこの「DC スーパーヒーローガールズ」の展開も関わっていると思われます。

トゥイーン向け「DC スーパーヒーローガールズ」展開開始!