Home 海外NEWS 「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」をクリスチャン・グレイの視点で描く「Grey」発売決定

「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」をクリスチャン・グレイの視点で描く「Grey」発売決定

「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」をクリスチャン・グレイの視点で描く「Grey」発売決定
0

gray-june-18th_00今年2月に公開され大ヒットした『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の原作者E・L・ジェイムズが、男性側の主役クリスチャン・グレイの視点で2人の出会いを描く小説「Grey」を、クリスチャン・グレイの誕生日である6月18日に出版することを発表しました。


「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」は女子大生のアナ・スティールが若き億万長者クリスチャン・グレイと出会い、クリスチャンとSMプレイの契約を結び、関係を深めるというお話です。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray] DVD

価格¥501

順位59,035位

出演ジェイミー・ドーナン, ダコタ・ジョンソン

監督サム・テイラー=ジョンソン

発行Nbcユニバーサル エンターテイメント

発売日15.07.02

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


全3部作で「フィフティ・シェイズ・オブ・ダーカー」「フィフティ・シェイズ・フリード」と続きます。

[429] [429] Client error: `POST https://webservices.amazon.co.jp/paapi5/getitems` resulted in a `429 Too Many Requests` response: {"__type":"com.amazon.paapi5#TooManyRequestsException","Errors":[{"Code":"TooManyRequests","Message":"The request was de (truncated...)


フィフティ・シェイズ・ダーカー (中) (ハヤカワ文庫NV)

価格¥660

順位280,114位

E L ジェイムズ

翻訳池田 真紀子

発行Hayakawa Publishing/Tsai Fong Books

発売日15.06.24

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

フィフティ・シェイズ・ダーカー (中) (ハヤカワ文庫NV)

価格¥660

順位280,114位

E L ジェイムズ

翻訳池田 真紀子

発行Hayakawa Publishing/Tsai Fong Books

発売日15.06.24

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

フィフティ・シェイズ・ダーカー (下) (ハヤカワ文庫NV)

価格¥660

順位280,136位

E L ジェイムズ

翻訳池田 真紀子

発行Hayakawa Publishing/Tsai Fong Books

発売日15.06.24

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

フィフティ・シェイズ・フリード(上) (リヴィエラ)

価格¥1,600

順位470,575位

E L ジェイムズ

翻訳池田真紀子

発行早川書房

発売日13.04.10

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

フィフティ・シェイズ・フリード(下) (リヴィエラ)

価格¥1,600

順位471,853位

E L ジェイムズ

翻訳池田真紀子

発行Hayakawa Publishing/Tsai Fong Books

発売日13.04.10

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API


お話はアナの視点で描かれていたのですが、それを今回グレイの視点から描くそうです。

発売日はクリスチャン・グレイの誕生日と設定されている6月18日。
映画公開後ということもあり、どういった宣伝の仕掛けをしてくるのか、またどれくらい売れるのか注目したいところです。

しかし2次創作からスタートして今や独自展開…元々のオリジナルである「トワイライト」の原作者ステファニー・メイヤーはどう思っているのでしょう?
以前「トワイライト」シリーズも、主役男性キャラ、エドワードの視点から見たお話をサイト上で発表しています。現在未完ですが誰でも無料で読めます(英文です)。

ステファニー・メイヤーはその後、他作品のプロデュースをしたり、「トワイライト」を使って女性によるスピンオフ短編映画企画を立ち上げたりしています。
一方のE・L・ジェイムズは自作映画化スタッフから総スカン状態で、続編は自分で脚本を書くと言い出すものの止められ、結局無名の旦那さんが、大ヒット作品の続編脚本を担当するという異例事態。大儲けしてもそれを利用して誰かの手助けをするなど一切なしで、自分が選んだワインの販売など自分の商売ばかりです。