Home 海外NEWS 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』無修正版、配信は5/1、ソフト発売は5/8に決定!

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』無修正版、配信は5/1、ソフト発売は5/8に決定!

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』無修正版、配信は5/1、ソフト発売は5/8に決定!
0

fsog-vod-soft-us-release_00『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の全米での配信日が5月1日、ブルーレイ発売日が5月8日になりました。(日本の配信・発売日は現時点で不明です)待望の「無修正版(Unrated)」収録です!一方続編制作は完全に停止しています!


全世界で酷評されたものの、全世界興行収益5.55億ドルの特大ヒットを記録した『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の全米でのソフト発売&配信日が決定しました。
予想通り、レーティングを外した「無修正版」が収録されます。
日本ではボカシ入りのR15+版が公開された後、全国6館でボカシなしのR18+版が上映されました。ソフト化でやっと誰もが本来の『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』を見ることが出来ます。

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』アメリカでR指定映画に認定!
『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』マレーシアで上映禁止に!各国レーティング事情

また劇場公開版とは別バージョンのエンディングも収録されます。

監督のサム・テイラー=ジョンソンと原作者のE.L.ジェームズは、ヒロイン、アナの最後の台詞を巡ってもめました。
当初の脚本では、去るアナに迫るクリスチャンに対して、アナは「Stop」という言葉でクリスチャンを制します。
この「Stop」をサム・テイラー=ジョンソンは、アナとクリスチャンがプレイを中止する時の合言葉として決めた「Red」に変更することを提案しました。しかし映画で使われたのは原作者の意向通り「Stop」。
ソフトに収録される別バージョンのエンディングは、ラストの台詞がサム・テイラー=ジョンソンの「Red」になったものだと推測します。

その他、ブルーレイにはメイキング、アナと演じたダコタ・ジョンソン、クリスチャンと演じたジェイミー・ドーナン、それぞれに焦点をあてた特集コーナー、NYで行われたファン・ミーティングやプレミアの様子、クリスチャンの部屋やプレイルームを360度見渡せるコーナー、ミュージックビデオ、そしてBDSMについて監修者が語り、そのプレイを紹介するコーナー(実は特典でこれが一番の目玉じゃないのか??)が収録されます。

劇場での大ヒットを受けて、本来ならすでに何らかの動きがあるはずの続編『フィフティ・シェイズ・ダーカー』は、現在企画開発を含めて完全に停止しています。誰も続編に対して動いている様子がありません。