Home 海外NEWS エレン・ペイジ&ジュリアン・ムーアが同性愛パートナーを演じる『Freeheld』予告編第2弾はマイリー・サイラスの新曲付き

エレン・ペイジ&ジュリアン・ムーアが同性愛パートナーを演じる『Freeheld』予告編第2弾はマイリー・サイラスの新曲付き

エレン・ペイジ&ジュリアン・ムーアが同性愛パートナーを演じる『Freeheld』予告編第2弾はマイリー・サイラスの新曲付き
0

freeheld-2nd-trailer_00エレン・ペイジとジュリアン・ムーア演じるレズビアン・カップルが同性愛パートナーでは認められなかった遺族年金制度問題について闘う、実話に沿った『Freeheld』、その予告編第2弾が公開されました。マイリー・サイラスが歌う新曲「Hands Of Love」が流れます。


『Freeheld』はm刑事のローレル・ヘスター(ジュリアン・ムーア)と自動車整備工のステイシー・アンドリー(エレン・ペイジ)のレズビアン・カップルが、ローレルが末期ガンであることが発覚したため、ステイシーのために遺族年金の支給を求めます。しかし当時の制度では同性愛パートーナーに支給が認められませんでした。そこでローレルは残された人生で制度改正を求めて運動をする…というお話です。

エレン・ペイジ&ジュリアン・ムーア、同性愛パートナー制度との闘いを描く実話『Freeheld』予告編

今回の予告編ではマイリー・サイラスが歌う新曲「Hands Of Love」が流れますが、この曲はリンダ・ペリーによるものです。
リンダ・ペリーはレズビアンを公言しているソングライターで(パートナーは女優のサラ·ギルバート)、元々は4ノンブロンズというバンドのボーカルでした。

その後ソロに転向。そして他のアーティストのプロデュースも行うようになります。これまでP!nk、クリスティーナ·アギレラ、グウェン・ステファニー、セリーヌ・ディオン、アリアナ・グランデなど、長年に渡り、様々なジャンルのアーティストたちに楽曲を提供していています。

予告編は「Hands Of Love」の歌のリズムと編集が見事にシンクロした感動的な仕上がりになっています。
『Freeheld』は全米で10月2日に限定公開された後、9日から拡大公開が予定されています。