Home 海外NEWS ダコタ・ジョンソン主演、未亡人と姑の交流を描く「Forever, Interrupted」の映画化が本格始動

ダコタ・ジョンソン主演、未亡人と姑の交流を描く「Forever, Interrupted」の映画化が本格始動

ダコタ・ジョンソン主演、未亡人と姑の交流を描く「Forever, Interrupted」の映画化が本格始動
0

forever-interrupted-writer_00以前cueでお伝えした『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の大ヒットで一躍注目されることとなったダコタ・ジョンソンがヒロインを演じるロマンス小説「Forever, Interrupted」映画化が本格的に動き出しました。


夫を亡くした妻と息子を亡くした母を描くロマンス小説「Forever, Interrupted」映画化にダコタ・ジョンソンが参加

原作の「Forever, Interrupted」は、2013年に刊行されたテイラー・ジェンキンス・リードの処女作です。
出会ってすぐ恋に落ちた男女が駆け落ち同然で結婚するものの、9日で夫が交通事故で他界。そこではじめてヒロインである妻は、夫の母…姑にあたる女性と出会います。お互いギクシャクした関係の中、2人で夫(息子)の死を乗り越えていく…というお話です。

Forever, Interrupted: A Novel (English Edition) Kindleストア

価格¥1,043

順位700,797位

Reid, Taylor Jenkins

発行Washington Square Press

発売日13.07.09

Amazonを開く

Supported by amazon Product Advertising API

このヒロインをダコタ・ジョンソンが演じます。彼女は同時に製作総指揮でも名前を連ねます。

初稿脚本をコメディアンヌのトリシア・マカルピンが執筆することになりました。彼女は以前お伝えした『デンジャラス・バディ』のスピンオフ作品の脚本でアナウンスされていましたが…このスピンオフ、本当に作るんでしょうか?
サンドラ・ブロック&メリッサ・マッカーシー大ヒット映画『The Heat』意外なスピンオフ企画?

制作会社はマイケル・ダグラス、ロバート・デ・ニーロ、モーガン・フリーマン、ケヴィン・クライン共演の『ラストベガス(2003)』を制作したギデン・メディアとグッド・ユニバースが担当することになりそうです。
その関係からだと配給会社はCBSフィルムとなりそうですが、ここはキューティー映画に強い配給ですからこの企画はマッチします。可能性は高いと思います。

ライオンズ・ゲートとCBSフィルムが提携。その提携第1弾はキューティー映画から